歯のお悩み相談詳細

ご相談

ブリッジの素材に悩んでいます。

おとしさん様64歳女性
右奥歯、6.7欠損ブリッジをします。
ジルコニアは硬いので歯根の事を考えて止めます。
セラミックの他に、e-maxもあるようですが、違いもよくわかりません。
60歳を過ぎてます。
残った歯も大事にしたいですし、ブリッジも長く使いたいですが、素材としてどうでしょうか?

河原 雅朗 先生からの回答

河原 雅朗
奈良県
かわはら歯科クリニック
河原 雅朗先生
セラミックというのは、ある素材を焼成といって焼き固めたものになります。
身近なところでいうと瀬戸物の茶碗だったり、といったところですね。
(細かく言うと単一のものを結晶化するようにしたものなので違うのですが、、、)
その素材がジルコニアだったり二ケイ酸リチウムだったらイーマックスという商品名だったり、酸化アルミナなどであればそれを金属に焼き付けたメタルボンドと呼ばれるものだったり、、、いろいろな素材でいろいろなセラミックがあるということです。
(その素材よって大きくその物性が変わってきます。)

そして一番大切なのはお口の中全体の咬合力の分散だったり、応力だったりといったことが大切なのであって、その素材によって、良い悪いがあるのではないということです。
大きな歯が2本連続で欠損しているものをつなぐということで、その力がその前後に大きくかかるわけで、そのことを無視して素材の話をしてもあまりいいことはありません。
お家をリフォームするのに、柱が細かったり、白アリが発生してるところに、どういう壁材を使ったら家が長持ちするのか、といった議論をしているような感じです。

渡辺 英弥 先生からの回答

渡辺 英弥
福島県
渡辺歯科医院
渡辺 英弥先生
その材料でも問題はないと思います。

歯科医院を探す

全国約68,000件の登録歯科医院より、お住まいの地域や治療内容にあった歯科医院を検索できます。

ブリッジに関するお悩み相談

お口の悩みを歯科医師に相談する

ログイン 歯の悩みを相談 歯科医院を検索