歯医者への相談・検索は「歯のねっと」

悩まず、
プロに
相談しよう。

謹んで地震災害のお見舞い申し上げます。

このたびの北海道胆振東部地震で被災を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

「歯のねっと」は歯の総合情報サイトです

「歯のねっと」は現役の歯医者さんに無料で相談できます。お口の中の不安や疑問は、ひとりで悩まずにプロに相談しましょう。
歯に関する相談以外にも、お近くの歯医者さんの検索や求人情報、歯の基礎知識などを掲載している「歯のねっと」は歯の総合情報サイトです。

歯医者への相談カテゴリ

歯医者への相談内容

タイトル

20年前の差し歯を再治療したら割れていないか心配と言われ不安

カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 風が里様 年齢 71歳 性別 女性
前歯2本差し歯なんですが、その根の歯が虫歯になってるということで、被せてあったセラミックを外して中の根の歯の治療をしてもらいました。
その際、根の歯にはボルトのような金属が入ってたんですが、それを削って外して神経の掃除をするということでした。
その根の歯の部分に入れてあるボルトを削ってる時にほかの根の歯の部分に反動でぶつかることが4度ほどありました。
その後、治療が終わってから先生から「だいぶ根の歯の部分が薄くなってしまって目に見えない部分が割れてないか心配ですね」と言ってきました。
その根の歯を見たところ前の状態よりだいぶ削られて小さくなっていて、これは何度もぶつけられて小さくなってしまった医療ミスをしたので、後になってこういうことを言ってきたのかと思って心配になりました。
また根の部分が小さくなってセラミックを被せた時の強度など大丈夫なのかも不安なので、メールしてみました。
根の歯が小さくなることや割れやすくなるなどのリスクなどの説明は事前に何もありませんでした。
このような医療ミスかどうか疑わしい場合の対処法や、差し歯の根の歯の部分が小さくても強度的に大丈夫なのかのご意見をどうぞよろしくお願いします。

奈良県の歯医者「かわはら歯科クリニック」河原 雅朗先生からの回答

1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
適切に処置をしていると思います。
金属を取るという時にガンガン力を加えて歯根破折したということならまだ医療ミスの可能性がわずかに考えられますが、破折しないように削っていったということは、医療ミスのかけらすらありません。

根管治療という処置が必要でそれをするためにはその金属を除去しないといけないわけで、適切な処置をしてると思います。
そしてそのことを丁寧に説明をしているというだけです。

福島県の歯医者「渡辺歯科医院」渡辺 英弥先生からの回答

2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
特にミスではないと思いますが、土台を接着性のものにすることで割れにくくなると思われます。

他の相談を見てみる

歯医者さんへの新着相談

歯医者の月間回答数ランキング(登録回答歯科医師41名)

*5月1日〜5月末日までの相談回答数

順位 回答数 回答医情報
1位 182件
公式サイト 河原 雅朗 先生

奈良県 かわはら歯科クリニック

奈良県奈良市法華寺町1丁目5-101
TEL:0742-35-5510

2位 178件
公式サイト 渡辺 英弥 先生

福島県 渡辺歯科医院

福島県二本松市本町2-190
TEL:0243-22-0057

3位 85件
公式サイト 酒井 信 先生

宮城県 にがたけホワイト歯科

宮城県仙台市宮城野区苦竹1丁目4-45
TEL : 022 - 236 - 4444

4位 33件
公式サイト 船津 三四郎 先生

北海道 船津歯科・矯正歯科クリニック

北海道帯広市公園東町3-11-4 グリーンパーク・帯広市総合福祉センター東側
TEL:0120-272-814

5位 9件
片桐 英一 先生

大阪府 片桐歯科医院

大阪府門真市宮前町17-1
TEL : 072 - 883 - 5350

全ての登録回答歯科医師を見る

バックナンバー

RSSリーダーに登録する