歯医者・歯科への相談・検索は「歯のねっと」

new歯とお口の健康講座

歯とお口の健康講座

一生、自分の歯で食事することを目標とした講座です。

 
歯の基礎知識

歯の基礎知識

歯の役割と、歯の治療についての解説です。

 
歯の用語集

歯の用語集

歯に関する治療法、予防法など、用語の50音順解説です。

 
インプラントとは

インプラントって何?

人工の歯の根を埋め込む、インプラント治療についての解説です。

 
審美歯科とは

笑顔はホワイトニングから

歯を白く・美しくする、審美歯科とホワイトニングについての解説です。

 
矯正歯科とは

歯並びが気になる方へ

歯並びを治す、矯正治療についての解説です。

 

from事務局

株式会社アイデンス
 2009年5月11日、機能を大幅に拡充し全面リニューアルしました『歯のねっと』をご利用頂き誠にありがとうございます。特に「歯に関するお悩み相談」は、ボランティアにてご協力頂いている歯科医師の先生方の‘親身なご回答 ’や‘そのクオリティの高さ’及び‘一件の相談に 複数の歯科医師の先生方のご回答’により、高いご評価を頂いています。
 また、「かかりつけ歯科医師」を探しておられる会員様は、中高年層が中心で8割弱となっており、改めて中高年層の‘歯に対する関心の高さ’を示す結果となっています。

○システム変更のお知らせ
 利用者の皆様方や歯科医師の先生方から‘より多くの相談内容を閲覧したい’との強いご要望が寄せられました。慎重に検討させて頂き、「歯に関するお悩み相談」の一部を変更し、相談内容の全てが見られるように致しました。メニューの「相談内容を見る」に公開させて頂きますが、個人情報保護のため、今まで通り‘匿名(ニックネーム)’とさせて頂きます。
悩まず、プロに相談しよう。
歯に関する不安や悩みはひとりで悩まずに歯のプロである歯医者さんに相談しましょう。「歯のねっと」は歯に関するプロ、現役の歯医者さんに無料で相談できます。歯に関する相談以外にも、お近くの歯医者さん・歯科医院の検索、歯の基礎知識、歯医者さんの求人情報などを掲載している「歯のねっと」は歯の総合情報サイトです。

歯医者・歯科医への相談カテゴリ

最新の歯の相談内容

歯医者への公開相談

タイトル 神経を抜いた歯に痛みがあり、被せ物をするのが不安です。 カテゴリ 根(神経)の治療
相談者 雪だるま様 年齢 27歳 性別 女性
初めてです。長くてすみません。

前に他院で奥歯に虫歯があり、神経に近いとこまできているとの診断で神経ギリギリまで削ってもらいました。
その後もしみることがあり、最近になって歯が痛くなったので受診しましたが、医師と折り合いが合わず、違う今の病院を受診しました。
事情を説明した上でレントゲンを撮って頂き、『確かにギリギリだわ』と言われ、痛さにも我慢できなかったため神経を抜くことを了承して根管治療を開始して頂きました。

麻酔が効きにくく三回ほどし、取り除く作業をしていただき仮蓋をして一週間。
二回目の診察時も痛みもまだあり、神経を取り除く作業をまたして頂きました。
今回は麻酔なしの状態から始めたんですが、根の先端はまだ神経が死んでいないと言われ、取り除く作業にすごい痛みがあり、始めに我慢できる?と聞かれ、とてもじゃなく我慢できる痛みじゃなかったため麻酔をしました。
麻酔が切れないままその後に、防腐剤もいれとくね、と言われ帰宅。
帰宅後、ほんとに防腐剤をいれて良かったのか?少し疑問に思いました。

まだ痛いです、と三回目の診察で言うと、大丈夫、と高さを治すため歯を削り、土台作りをして終わりました。
当たらなくなったのでその部分に対する痛みは普段なくなったのですが、高さが変わったことに顎やら頭が痛いです。

もともと歯並びが悪く、それに現在治療中の上の奥歯6番?で噛むくせがあったため、高さを低くするのは仕方がないこととは思うのですが、あたらなくなったからといって触ると痛みがない訳ではないんです。

今週このままだと土台の調整をして、来週は銀歯を被せて終わりになるとは思うんですが、神経を抜いた後はあまり痛みがないものだと思っていたので不安です。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
よくある誤解ですが、神経をとったからといって歯が全く痛くなくなるわけではありません。
正確には歯の痛みは全くないのですが、歯を支えている骨との間の歯根膜炎症を起こして痛みを生じます。
例えていうなら、爪は切ってもいたくありません。神経がないからです。
でも爪が割れたりはがれたりしたら痛いですよね。
あれは爪が痛いのではなくて爪が接している皮膚が痛みを生じるからです。

今回、神経をとっているので冷たいものがしみたり歯を削って痛みを生じることはないと思います。
(これが神経がないという状態です。)
ただ、中の歯髄という組織を根っこの先端付近で取り除いているだけなので、そこにはどうしても傷ができます。
また歯髄という組織は単純な形をしているわけではなく、網目になったり枝分かれをしていることも多く、そこに細菌感染があれば免疫が働かないので(血行がないので)細菌を殺すのが難しくなります。
そうなると器械的な刺激もしくは細菌感染によって歯の痛みが続くことがどうしても出てきます。
それほど根っこの治療は難しいものなんです。

細菌感染がなく、(もしくは生物学的に許容できるほどであれば)物理的な傷は安静にすることによって治ってきます。
たぶん主治医もそういう考えで安静にしていれば治るといったのだと思います。

心配であれば型どりをせずに痛みが完全に消えてから作ったほうがいいかもしれませんね。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
おそらく、不快症状の原因はご自身が認識している、治療中の歯の酷使かもしれません。
少し歯と歯を離すことを心がけるといいのではないかと考えます。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
雪だるま 様、初めまして。
抜髄後の疼痛でお困りの事と拝察申し上げます。

実際に雪だるま 様の口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、文面通りの治療進行ですと、根管充填のステップが不明の様ですね。

何れにしましても、疼痛が有る場合、土台や被せ物は禁忌です。

一般的に、神経を取り、詰めた歯を咬んだ時疼痛が残る原因には以下の様な要因があります。

1.残髄炎
2.根管側枝の存在
3.副根管の存在
4.夜間就寝時の歯ぎしり
5.噛み締め癖
6.TCH
7.4、5、6が原因による歯根破折

4、5、6、7が存在する場合、口腔内には、以下の様な症状が出る事が多いです。
1.骨隆起
2.歯の咬耗
3.歯の摩耗
4.歯のヒビ
5.顎関節症状
6.被せ物詰め物がすぐ壊れる
7.知覚過敏様の症状
8.歯頸部くさび状欠損
9.舌の痛み
10. 舌圧痕
11.頬粘膜圧痕

他の相談を見てみる

最寄の歯科医師の検索はこちらから

私たち歯医者があなたの悩みを解決します!

バックナンバー
お知らせ

2013年12月27日(金)
年末年始のお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2013年4月19日(金)
システムメンテナンスのお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2013年1月7日(月)
新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。 本年も「歯に関する不...

2012年12月28日(金)
年末年始のお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2012年11月7日(水)
『いい歯の日』特設ページを開設しました。

特設ページはこちら http://www.hanonet....

 

新着歯科医院情報



RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター