歯医者・歯科への相談・検索は「歯のねっと」

new歯とお口の健康講座

歯とお口の健康講座

一生、自分の歯で食事することを目標とした講座です。

 
歯の基礎知識

歯の基礎知識

歯の役割と、歯の治療についての解説です。

 
歯の用語集

歯の用語集

歯に関する治療法、予防法など、用語の50音順解説です。

 
インプラントとは

インプラントって何?

人工の歯の根を埋め込む、インプラント治療についての解説です。

 
審美歯科とは

笑顔はホワイトニングから

歯を白く・美しくする、審美歯科とホワイトニングについての解説です。

 
矯正歯科とは

歯並びが気になる方へ

歯並びを治す、矯正治療についての解説です。

 

from事務局

株式会社アイデンス
 2009年5月11日、機能を大幅に拡充し全面リニューアルしました『歯のねっと』をご利用頂き誠にありがとうございます。特に「歯に関するお悩み相談」は、ボランティアにてご協力頂いている歯科医師の先生方の‘親身なご回答 ’や‘そのクオリティの高さ’及び‘一件の相談に 複数の歯科医師の先生方のご回答’により、高いご評価を頂いています。
 また、「かかりつけ歯科医師」を探しておられる会員様は、中高年層が中心で8割弱となっており、改めて中高年層の‘歯に対する関心の高さ’を示す結果となっています。

○システム変更のお知らせ
 利用者の皆様方や歯科医師の先生方から‘より多くの相談内容を閲覧したい’との強いご要望が寄せられました。慎重に検討させて頂き、「歯に関するお悩み相談」の一部を変更し、相談内容の全てが見られるように致しました。メニューの「相談内容を見る」に公開させて頂きますが、個人情報保護のため、今まで通り‘匿名(ニックネーム)’とさせて頂きます。
悩まず、プロに相談しよう。

謹んで地震災害のお見舞い申し上げます。

このたびの熊本・大分震災で被災を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
歯に関する不安や悩みはひとりで悩まずに歯のプロである歯医者さんに相談しましょう。「歯のねっと」は歯に関するプロ、現役の歯医者さんに無料で相談できます。歯に関する相談以外にも、お近くの歯医者さん・歯科医院の検索、歯の基礎知識、歯医者さんの求人情報などを掲載している「歯のねっと」は歯の総合情報サイトです。

歯医者・歯科医への相談カテゴリ

最新の歯の相談内容

歯医者への公開相談

タイトル 痛みが無い歯の治療を始めたら痛み出し、治療を進めるか悩む。 カテゴリ 根(神経)の治療
相談者 みたらしだんご様 年齢 42歳 性別 女性
どうぞよろしくお願いします。
現在、左下奥歯の後ろから2番目の歯を自宅近くの歯科で治療中ですが、今後について悩んでいます。(治療を続けるかどうか)

元々痛みはなかった歯なのですが、上部に小さな穴が開いていたため診察を受けました。
レントゲンは撮りませんでしたが、虫歯だろうということで、麻酔をかけて削られました。
虫歯は完全に取ったけれども、神経に近いので、一度痛みが出るかどうか様子を見るために、仮の詰め物をして2週間後の診察と言われました。
(痛みが全く出なかったのでホッとした私は、2週間後には型をとって詰め物を入れて終わりと思っていました。)

ところが、2週間後、歯科で痛みがないことを伝えると、今度は「形を整える」ということで、また麻酔をかけて歯の形が変わるほど削られてしまったのです。
同時に型も取りました。

問題はこれで痛みが出始めたことです。
食べ物、飲み物がしみるようになり、噛むと少し痛みがあります。
「痛みが出たら神経を取る」と聞いているので、本当に悩んでしまいます。
なぜ2度に分けて歯を削ったのかがわかりません。
次回はまた2週間後しか予約がとれませんでした。
どうぞ先生のアドバイスをお願いします。

ちなみに、私は今までに歯の神経治療の失敗で(一度ではありません)痛い思いをしてきています。
歯はできるだけ削らず、神経も残したいという希望があります。
削らなくてよい歯は削りたくないし、取らなくてよい神経は取りたくないだけなのです。
酒井 信先生からの回答
1
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
一度目は深い虫歯を削って神経に近い部分にお薬を付けたりする場合もありますが、その後症状が出るかどうか確認したのでしょう。
あくまでも暫間的な処置です。

異常がないことが確認されたので、しっかりしたものを詰めるために脱落しにくい形態の形成をして型を取ったと思われます。
その際には、目的のために虫歯でない部分も削らなければいけないこともあり、その後、仮の詰め物をしても暫く痛んだりしみたりの不快な症状が出ることもあります。

最終的にセメントで合着してしまえば今の状況も次第に落ち着いてくると思われます(神経に異常がなければ)。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
まず最初に、神経を取るというのは生体の一部をとることであり、歯科医師もしなくてもいい処置はしないほうがいいと考え、取りたくて取るわけではないという点をご理解ください。
ではどういうときに取らないといけないかというと、どうしても痛みが取れないとか強度的に取って処置をしないと処置できないというような理由があり、その大本の原因はむし歯という病気です。
そして生体の一部をとるわけですから必ず100パーセント痛みがなくうまくいくという保証はできません。
失敗ではなくどれだけきちっと処置をしても違和感などが出てしまうことがあるということです。
痛みが出るということは炎症反応、免疫に絡んでいるんですが、花粉症の人が処置をしてもらって治らなかったからといってそれが失敗とは言われないでしょう。
生体の免疫反応は人それぞれ必ずこうなるものだという単純なものではないからです。

そして今回の件ですが、2回に分けたのはそれなりの意味があります。
一度目の処置でむし歯をとり切って封鎖して痛みが出なかったということは、むし歯のせいで歯髄炎、歯がしみるということはないということです。
そしてもう一度削ったのは歯のかぶせなどをするためですが、その削った部分の機械的な刺激によって今痛みが出ているということです。
であればかぶせをすればその刺激が遮断され痛みは引くだろうということが想像できます。
(一度に麻酔をしてやるとそれがわからなくなります。)
ちゃんと2回に分けてやるということは丁寧な先生なんだろうと想像します。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
その先生の治療方針ですので間違いではないと思いますが、最近の傾向としては出来るだけ削らず接着で済むものは接着でというのが主流になりつつあります。
今回その歯については最後まで治療されてみて、次回については出来る限りご自身の希望優先にしましょう。

他の相談を見てみる

最寄の歯科医師の検索はこちらから

私たち歯医者があなたの悩みを解決します!

(登録回答歯科医師52名)
*8月1日〜8月末日までの相談回答数 >> 全ての登録回答歯科医師を見る

 

順位 回答数 回答医情報
1位 115件
公式サイト 河原 雅朗 先生

奈良県 かわはら歯科クリニック

奈良県奈良市法華寺町1丁目5-101
TEL:0742-35-5510

2位 112件
公式サイト 渡辺 英弥 先生

福島県 渡辺歯科医院

福島県二本松市本町2-190
TEL:0243-22-0057

3位 73件
酒井 信 先生

宮城県 にがたけホワイト歯科

宮城県仙台市宮城野区苦竹1丁目4-45
TEL : 022 - 236 - 4444

4位 51件
公式サイト 船津 三四郎 先生

北海道 船津歯科・矯正歯科クリニック

北海道帯広市公園東町3-11-4 グリーンパーク・帯広市総合福祉センター東側
TEL:0120-272-814

バックナンバー
お知らせ

2016年12月28日(水)
年末年始のお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2016年4月19日(火)
平成28年(2016年)熊本地震について

 謹んで地震災害のお見舞い申し上げます。 このたびの熊本・...

2015年12月29日(火)
年末年始のお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2015年5月15日(金)
スマートフォン対応のお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2015年2月2日(月)
システムメンテナンスのお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

 

新着歯科医院情報



RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター