歯医者・歯科への相談・検索は「歯のねっと」

new歯とお口の健康講座

歯とお口の健康講座

一生、自分の歯で食事することを目標とした講座です。

 
歯の基礎知識

歯の基礎知識

歯の役割と、歯の治療についての解説です。

 
歯の用語集

歯の用語集

歯に関する治療法、予防法など、用語の50音順解説です。

 
インプラントとは

インプラントって何?

人工の歯の根を埋め込む、インプラント治療についての解説です。

 
審美歯科とは

笑顔はホワイトニングから

歯を白く・美しくする、審美歯科とホワイトニングについての解説です。

 
矯正歯科とは

歯並びが気になる方へ

歯並びを治す、矯正治療についての解説です。

 

from事務局

株式会社アイデンス
 2009年5月11日、機能を大幅に拡充し全面リニューアルしました『歯のねっと』をご利用頂き誠にありがとうございます。特に「歯に関するお悩み相談」は、ボランティアにてご協力頂いている歯科医師の先生方の‘親身なご回答 ’や‘そのクオリティの高さ’及び‘一件の相談に 複数の歯科医師の先生方のご回答’により、高いご評価を頂いています。
 また、「かかりつけ歯科医師」を探しておられる会員様は、中高年層が中心で8割弱となっており、改めて中高年層の‘歯に対する関心の高さ’を示す結果となっています。

○システム変更のお知らせ
 利用者の皆様方や歯科医師の先生方から‘より多くの相談内容を閲覧したい’との強いご要望が寄せられました。慎重に検討させて頂き、「歯に関するお悩み相談」の一部を変更し、相談内容の全てが見られるように致しました。メニューの「相談内容を見る」に公開させて頂きますが、個人情報保護のため、今まで通り‘匿名(ニックネーム)’とさせて頂きます。
悩まず、プロに相談しよう。
歯に関する不安や悩みはひとりで悩まずに歯のプロである歯医者さんに相談しましょう。「歯のねっと」は歯に関するプロ、現役の歯医者さんに無料で相談できます。歯に関する相談以外にも、お近くの歯医者さん・歯科医院の検索、歯の基礎知識、歯医者さんの求人情報などを掲載している「歯のねっと」は歯の総合情報サイトです。

歯医者・歯科医への相談カテゴリ

最新の歯の相談内容

歯医者への公開相談

タイトル 前歯のブリッジを作り直すか、インプラントにするか悩んでいます カテゴリ ブリッジ
相談者 ソレママ様 年齢 54歳 性別 女性
17歳の時事故で前歯を3本折りブリッジをしました。

今現在3度目のブリッジですが、ブリッジを繰り返し今6本のブリッジの内、前歯3本が根が無く右2、3番、左3番で支えてますが最近ブリッジが外れかけて2か所の無料カウンセリングを受けましたが意見が違います。

1か所目は「入れ歯もブリッジも出来なくインプラントしかダメ、今インプラントを入れないとのちにインプラントも出来なくなる。治療法は人工骨を使用して費用は180万」と言われました。
2か所目は「今の6本を外して新しい6本のブリッジを入れれば大丈夫」とのことでした。

2か所ともCTを撮りましたが2か所目は3Dでした。
左右3番目の所の根先に影が有り、細菌だと言われました。

どうかアドバイスお願いします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
ソレママ様はいったいどうしたいというご希望なんでしょうか?
できるだけ長くきれいな状態を保ちたい、そのためには費用はかかってもいい、というご希望なら最初の歯科医院でしょうし、できるだけ費用を抑えて、できるなら怖いことはしたくない、ということであればブリッジにするというのも選択肢になります。

ただブリッジはすでに4回目になると思いますし、しかも3本の歯がないということでその寿命が短いことは想像できると思います。
その時にどうすることができるのか、という点に関しても相談していく必要があると思います。

また歯科医院ごとに話はいくらでも出てくると思いますし、一つの歯科医院だとしても、治療方針もさまざま考えられます。
CTはわかりやすく3Dで見せることもあれば、そうでないところもあります。
(3Dにするのはコンピューターのソフトでほとんどのメーカーに添付していますから、単に出さなかっただけだと思います。)

まずは信頼できると思う歯科医院でじっくりとそれ以外の方法はないのか、今後の展望は、というようなことを聞かれるのがいいと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
どちらも正しいのではと思います。
ゴールに若干の違いがあるだけだと思います。

ただ言えることは、奥の歯がきちんとした状態であるかどうかだと思います。

あとは、保険の中なのか、自費で良いのかでも変わってきます。
稲澤 陽三先生からの回答
3
長崎県

稲澤 陽三

稲澤歯科医院
診てみないとなんとも言えません。

現在6本(3歯欠損ブリッジが入っているのを、同じように作り替えた場合、長くもてそうであればブリッジでしょう。
3本の土台が弱ければ2本程のインプラントが良いかも知れません。
インプラントの寿命も有りますのでその辺の説明を聞いた上、判断して下さい。

尚、インプラントは結構高齢になってもできます。
酒井 信先生からの回答
4
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
ソレママ 様

意見が違うと迷いますよね。
たぶん考え方の違いでの食い違いかと思います。

前歯の咬み方は一般的に上あごの歯が下あごの歯に被るような咬み方をしています。
このケースは多分上あごのケースではないかと思います(違ったらごめんなさい)が、上あごのブリッジですと、下からの突き上げの圧力を経年的に調整してあげませんと、ブリッジが壊れるか、歯が動くようになって、やり直しか、欠損が次第に増えてくるようになる可能性が大きいです。

前歯3本欠損で、犬歯から犬歯までの6本のブリッジは一般的に可能だといわれています。
材料さえ決められたものを使えば、健康保険でも対応できる設計です。
ただ、歯のない部分の骨が吸収すると、ダミー歯肉の間にものが挟まったり、息の漏れを感じて不便に思うようになるかもしれません。

設計(入れ歯の形)さえ気にしなければ、特殊な噛み合わせでない限り、取り外しの義歯も可能だと思います。

違和感の大きな義歯は嫌だとか、これ以上ブリッジの範囲が大きくなるのは耐えられないとかの思いが強いと、インプラントの選択も出てくるでしょう。
歯の喪失から随分立つようですので、骨の吸収もかなりと思われますので、説明を受けられたように、骨移植のうえのインプラントとなる可能性が高いと思います。

ただ、インプラントも当然ですが、メインテナンスが非常に大事ですので、治療終了後もしっかり管理して頂いてください。
山内 美香先生からの回答
5
東京都

山内 美香

白金山内歯科室
ソレママ様

現状の費用を考えると、ブリッジにしたほうがよいように思われるかもしれません。
今までの経過を思い出せば、だんだん大きくなるブリッジ、そして何年かに一度新しくされ、その都度ダメになる歯も出てくる。
このことを考えるとインプラントを選択したほうがよいかもしれません。
左右犬歯レントゲンにも症状が出てきていることを考えると弱っているように感じます。

またもう一つ気になることがあります。
下の前歯の歯並びはどうですか?
かみ合わせにも問題があるかもしれません。
船津 三四郎先生からの回答
6
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
ソレママ 様、初めまして。
前歯のブリッジの処遇で、お困りの事と拝察申し上げます。
17歳の時のアクシデントによる3本ブリッジから6本ブリッジまで40年以上もよくもちましたと思います。

実際に ソレママ 様の口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、どちらの先生の御回答も有る意味で正解と思われます。
ただし、部分義歯は、適用範囲が広いですので、選択肢の1つとして入れる事が出来ます。

他の相談を見てみる

最寄の歯科医師の検索はこちらから

私たち歯医者があなたの悩みを解決します!

バックナンバー
お知らせ

2013年12月27日(金)
年末年始のお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2013年4月19日(金)
システムメンテナンスのお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2013年1月7日(月)
新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。 本年も「歯に関する不...

2012年12月28日(金)
年末年始のお知らせ

「歯のねっと」をご利用いただき、誠にありがとうございます。 ...

2012年11月7日(水)
『いい歯の日』特設ページを開設しました。

特設ページはこちら http://www.hanonet....

 

新着歯科医院情報



RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター