初期う蝕小窩裂溝填塞処置(しょきうしょくしょうかれっこうてんそくしょち) | 歯の基礎知識 | 歯のねっと

用語集

用語詳細

  1. 初期う蝕小窩裂溝填塞処置(しょきうしょくしょうかれっこうてんそくしょち)

    虫歯になっていない臼歯の細かい溝に、レジン(樹脂)をコーティングして、虫歯になりにくくする処置のことです。 生えたての永久歯6歳臼歯、12歳臼歯)に効果的と言われています。 シーラントとも言われます。

RSSリーダーに登録する