ダイレクトボンディング(だいれくとぼんでぃんぐ) | 歯の基礎知識 | 歯のねっと

用語集

用語詳細

  1. ダイレクトボンディング(だいれくとぼんでぃんぐ)

    セラミックに近い審美性を持つ歯科用のレジン(プラスチック)を直接歯に盛り付けて、本来の歯の美しさを再現する方法を言います。 保険材料のレジンと比較すると、より透明感や光沢に優れており、変色なども殆どありません。しかも直接歯に盛り付けるため、従来のように削った後、型をとる必要がなく治療回数も少なくなる場合があります。

RSSリーダーに登録する