メール相談:虫歯治療後、熱いものと冷たいものが両方しみて治りません。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 虫歯治療後、熱いものと冷たいものが両方しみて治りません。 カテゴリ 虫歯
相談者 すーちゃん様 年齢 24歳 性別 女性
はじめまして。20代女です。
右上と左上の歯の両方を虫歯治療したのですが、しみるのがいつまで経っても治りません。
神経は取っていません。
熱いものと冷たいもの両方がしみます。
じわじわとしみてきて最終的に激痛になりますが、しばらく経つと治まります。
食べたり飲んだり何もしなければしみたり痛むことはありません。
左の歯のみ、数年前からなのですが脈打つような圧迫される感じがあります。

歯医者さんからは最初「銀は熱を通しやすいから治療後はしみることがある、少し経てば治るはず」ということでしたのでしばらく様子を見ました。
ですがかれこれ2、3ヶ月経っても治る気配がなく、また歯医者さんに相談したところ「そんなに大きな虫歯では無かったのでお掃除不足で歯肉炎かもしれない」と言われました。
歯茎に薬を塗ってもらい、抗生剤も出してもらいました。
それから自分でも市販の薬を塗ったり歯磨きを見直してみたりと常に頑張っているのですが、全く改善が見られません。
昔から歯が弱く治療箇所も沢山あるので正直自分でもどこがしみるのか明確ではないのがやっかいです。
常温のものばかり食べるのもなかなか難しくストレスになり、気分までやられてしまいそうです。
また、治るのかと不安で…。

難しいとは思いますが、どういう症状が考えられますか?
大きい病院で診て頂いたほうがいいですか?
よろしくお願いします。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
あくまで私見ですが、私はこのような症状が出た場合患者さんに納得してもらえる場合、神経を取ります。
感染が疑われるからです。
治るという先生がいるのも事実です。
保険治療が不可能な場合が多く、絶対ではないからです。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
神経を取るということも検討した方がいいかもしれません。
酒井 信先生からの回答
3
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
歯髄がかなり興奮しやすい状態になっているようです。
熱伝導率の関係で歯髄近くまで熱の刺激が伝わりやすいというのは事実ですが、さほど深くなかったということですから、もうしばらく様子を見てくださいと言いたいところです。
しかし、かなりのストレスもあるようなので、一度その金属の詰め物を外して、暫間充填剤(裏装材)をつめてみて同じような反応が出るかどうか確認してもよいかもしれません。
出なければ再度詰め物で対応してもよいでしょうが、それでも出るようなら、歯髄炎を疑い神経の処置が必要となるでしょう。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する