メール相談:セラミックを被せ直した歯の疼きや痛みが改善しません。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル セラミックを被せ直した歯の疼きや痛みが改善しません。 カテゴリ セラミック
相談者 あっきー様 年齢 47歳 性別 女性
25年ほど昔に抜髄セラミックをかぶせた歯が虫歯になり、3年前にセラミックをやり直しました。
4,5日後から噛むと痛みが出て2,3か月調整し、仮付のまま今に至りますが不定期に疼きや痛みがあります。
レントゲンでヒビや歯の根に膿はなさそうとの事で様子見状態が続いています。
虫歯治療とセラミックのみやり直しで根はそのままです。
2018年5月頃ウォーターピック中に仮付していた歯が取れて再び仮止め後、不定期な疼きや痛みが悪化しています。
この歯のみ接触している歯茎の色が悪いです。
ウォーターピックをしないとこの歯の周りが臭くなります。
型取り時に他の歯の時より糸?を歯の周りにぐるっと入れるのがすごく痛かったことを覚えています。
かぶせ物が合わないのでしょうか。
歯が割れている場合はれや痛みの特徴はあるのでしょうか。
3か月に一度経過観察と掃除で通院していますが、疼きや痛みが改善しないので不安になります。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
歯が痛むんですね。
歯にひびが入っている可能性も結構あると思われます。
ただこれはレントゲンに写るようになるまでは分かりにくいですし、実際にひびが入っていれば抜歯となってしまうので、経過を見ているしかないという状態なんだと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
歯自体の汚れ、あるいは歯に亀裂などが入っていることも考えられます。
また歯周病の可能性も否定できません。
仮の詰め物ですが、やはりセメントが脆いこともあり不快症状が出やすいこともあると思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
あっきー 様、初めまして。
不定期に疼きや痛みで、ご難儀の事と拝察申し上げます。

一般的に、治療後の歯に不定期に疼痛が残る原因には以下の様な要因があります。

1.歯根尖周囲の病変(根尖病巣嚢胞等)
2.夜間就寝時の歯ぎしり
3.噛み締め癖
4.TCH
5.4,5,6が原因による歯根破折

2,3,4,5が存在する場合、口腔内には、以下の様な症状が出る事が多いです。

1.骨隆起
2.歯の咬耗
3.歯の摩耗
4.歯のヒビ
5.顎関節症状
6.被せ物詰め物がすぐ壊れる
7.知覚過敏の症状
8.歯頸部くさび状欠損
9.舌の痛み
10. 舌圧痕
11.頬粘膜圧痕

通常の歯科用レントゲンの情報ではわからない場合、歯科用CTレントゲンにより、病因がわかる場合も有ります。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する