メール相談:前歯が欠けたが海外で治療したくない。帰国までにできることは? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 前歯が欠けたが海外で治療したくない。帰国までにできることは? カテゴリ その他
相談者 ゆつこ様 年齢 38歳 性別 女性
こんにちは。37歳女性です。
前歯が痛く、夜、前歯の裏を触ると、5mmx3mmx0.1mm程度、歯がかけてボロっと落ちてきました。
初めての経験です。
その後も、その歯だけがジトーと痛いな、と思うくらいには気になります。
2度ほど治療した歯なのですが、年末に歯医者さんでは虫歯はないと言われております。
その際、奥歯の銀歯が取れて新たに入れた事位しか、環境は変わっておりません。
治療環境が不安の為、絶対にこちらでは治療したくありません。
次の帰国は3月末です。
自分でできる治療はありますでしょうか、また、3月末まで我慢できるなら我慢しても問題ないでしょうか。
教えてください。よろしくお願いいたします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
歯の裏側がかけてしまったんですね。
その原因が咬み合わせによるものなのか、むし歯によるものなのか、また別の原因なのかが不明なので何とも言えないところですが、TCHはありませんか?
歯牙接触癖と呼ばれるものでネットで検索すると対策まで出てきます。
あとはそこにプラークがつかないようにフロスやブラッシング、歯間ブラシなどで丁寧に汚れを取る、ということができることだと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
おそらく詰め物が取れたと思われます。
本来であれば、早急に治療したほうが悪化せず良いと思われます。
絶えず汚れや唾液にさらされますと虫歯の進行が考えられます。
フッ化物を使ってよく磨くことかとは思いますが。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
ゆつこ 様、初めまして。
異国の地での、歯のトラブルでお困りの事と拝察申し上げます。

実際にゆつこ様の口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので確定的な事は申し上げられませんが、ご家庭で出来る治療法は無いと思います。

ご注意する点は
1.当該歯を食事に使用しない
2.歯ぎしり、噛み締め癖にご注意
3.歯磨きは優しく且つ確実に
4.酸性の強い食品にご注意(赤ワイン、黒酢、ヨーグルト、等)
5.硬い食材にご注意(ナッツ類、おせんべい、乾物、等)

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する