メール相談:インプラントを守るために前歯の矯正治療が必要と言われました。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラントを守るために前歯の矯正治療が必要と言われました。 カテゴリ 矯正
相談者 ミントティー様 年齢 50歳 性別 女性
これまでに、左下奥歯、右下奥歯にインプラント治療済みで、最近、噛み合わせ悪化の原因になっていた、右下の奥歯を抜歯しました。
この抜歯により、上下の歯の数が同じになり、以前よりも、歯の噛み締めも減り、口腔内の状態は改善されたと思います。
自分なりに調べて良いと思われる歯科医院を探して、今まで何軒もの歯科医院で治療を受け、やっと良い歯科医にたどり着くことができできたのですが、現在の私のインプラントの歯、その他の歯を保護していくためには、前歯左右3番までの6本を差し歯にして、少し乱れている歯並びを矯正し、重要な左右3番の歯がきちんと噛み合うようにすることが必要との診断を受けました。
信頼している歯科医の診断なので疑問はないのですが、現在痛みなどもなく、自分ではそれほど噛み合わせに問題がないため、すぐにその治療が必要なのか、時期に関しての別の歯科医の意見を伺いたいと思っています。
歯にかなり悩まされてきたので、この治療で今後楽になれるなら、必ず受けるつもりでいます。
ただ、自費診療になるため、費用も高額であり、きちんと納得してから、治療を開始したいと思っています。
回答をよろしくお願いいたします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
噛み合わせがいいというのはそのゴールの設定によって全く変わってきます。
歯並びを治して3番の犬歯にガイドをさせるというのは治療のゴールとして長期にその咬合を安定させるために必要とされているものです。
今とりあえず問題がないからということで現状の噛み合わせとすることも一つのゴールだと思いますが、良い歯科だと思われたのであれば信頼してお任せするというのもいいかなとも思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
正直、どちらがいいのかはわかりませんが、いろいろ歯科医院で話を聞いて納得できる結論が出せればいいと思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
ミントティー 様、初めまして。
咬み合わせが気になる事と拝察申し上げます。

咬み合わせの治療は、大変高度な知識と熟達した技術を要します。
しかも実際にミントティー 様の顔面、口腔内や、歯型、レントゲン等を拝見致しておりませんので確定的な事は申し上げられません。

一般論での回答になります。
1.1度削ってしまった歯は、2度と元に戻らない。
2.自覚症状が無い場合は、それに勝る治療の根拠となる他覚症状が必要
3.犬歯咬み合わせに極めて重要な歯である。
4.3番から3番までの6本の歯を削って被せた歯は、今後30年位はもつ必要が有る事。

以上の様な要件を満たす事が出来る事が望まれます。
あくまでも一般論です。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する