メール相談:神経近くまで削った後の痛みの原因は何でしょうか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 神経近くまで削った後の痛みの原因は何でしょうか? カテゴリ 虫歯
相談者 のんたん様 年齢 27歳 性別 女性
特に歯自体には痛み等はなかっなのですが、大きく穴が空いていてそこに歯茎が刺さって痛み出したので受診しました。

かなり神経近くまで虫歯になっていたようで「ほんとにギリギリまで削りました。様子を見て痛みがあるようでしたら神経を抜きます。」と言われて一応痛み止めを貰って帰ってきたのですが、治療が終わって麻酔が切れ始めてから今まで経験したことのないような激痛が走りました。
今は処方された痛み止めが効いていてそこまで痛くはありませんが、若干痛みます。
ただ、噛んでも痛くはありません。

これは虫歯が神経まで達していての痛みなのか、それとも神経ギリギリまで削ったのが原因なのかとても不安です。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
痛みが続くようならば、神経の感染も疑われますので、最悪神経を取ることになります。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
むし歯処置後痛むんですね。
神経、歯髄近くまで虫歯を取ったので歯髄が炎症を起こしている状態です。
その原因がむし歯(細菌感染)であれば痛みが止まりませんし、機械的な刺激によるものであればだんだん痛みが引いてきます。
今はそのどちらになるのかを経過観察している状態です。
ですから痛みが続くようなら神経を取りましょう、と説明されているのだと思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
のんたん 様、初めまして。
治療後の疼痛でご難儀の事と拝察申し上げます。

一般的に、深いむし歯の場合、削った後に歯髄組織に対する温度刺激、機械的刺激等が強くなり、充填後に疼痛が出る場合が時々あります。

1.疼痛が漸次減少傾向に向かう場合は、3カ月程経過観察です。
自然消失する場合が多々あります。

2.疼痛が漸次増加傾向に向かう場合は、抜髄になる事もあります。

神経は、出来るだけ取らない方がベターです。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する