メール相談:前歯に仮歯を装着してから滑舌が悪くなりました。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 前歯に仮歯を装着してから滑舌が悪くなりました。 カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 keee様 年齢 32歳 性別 女性
左2番抜歯後、最終的には上1.1.2でブリッジオールセラミッククラウン)を装着予定ですが、現在ラボで作成いただいた仮歯を装着しているのですが、滑舌が悪く「タ行」が言いにくいです。
口腔内でどのような現象がおきているのでしょうか。
またラボで作った仮歯になれば滑舌は元通りなると言われていましたが、未だ滑舌が悪い状態です。
これは治りますか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
仮歯を入れたら滑舌が悪くなったんですね。
全体のかみ合わせの高さや舌の大きさ、上顎の形態などを見て仮歯を調整していくしかないと思います。
またブリッジは固定性とはいえ義歯の一種です。
ある程度の慣れは必要となります。
(全く元の形態と同じというわけにはいきません。あくまで人工物です。)
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
内側の形に問題が生じているのではと思われますが、まだ仮の歯の状態ですので修正が可能で、最終形態に近づけるように治して問題を探るのがいいと思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
keee 様、初めまして。
滑舌の悪さで、ご難儀の事と拝察申し上げます。

「タ行」は舌先が上の前歯の裏側に接触し、いわゆる破裂音と呼ばれ、舌が素早く前歯の裏から離れる事による構音を作り出します。
現在仮歯の状態との事ですので、舌尖部と上の前歯の裏側の接触感覚が、今までと少し異なり破裂音が出しにくくなっているものと思われます。

時間の経過と共に、慣れてくると通常の様に出せるようになってきます。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する