メール相談:インプラントの仮歯の形に納得がいかないが先生に伝わらず苦痛。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラントの仮歯の形に納得がいかないが先生に伝わらず苦痛。 カテゴリ インプラント
相談者 みな様 年齢 43歳 性別 女性
昨年の5月にインプラント手術をし、現在仮歯の最終の調整(仮歯前4本)をしています。
私が『これで良い』となれば、仮歯を付けた状態で型どりをしてセラミックが入って終わりです(仮歯を外しての型どりはやりました)

ここ何ヵ月か調整だけに歯医者に行ってます。
手術から1年以上歯医者に通い、とても痛い思いをして私なりに頑張ってきたつもりです。
いよいよ最終となった今、先生がイヤで悩んでいます。
最後の最後まで先生に私の意見が伝わりません。
明らかに左右対象ではない仮歯を『こうして欲しい』と言っても『削ってくれという人はいても増やしてくれという人はいない』(そもそもあったのを前回削ってこうなったのに…)とか、私が納得していないとパンフレットを持ってきて『どんなのがいいのか言って』と言われ、私は『やり直すって事?今からこんなのを見ても私わかりません』と言うと『見る事はできるやろ、これがいいとなったらそれにしますよ』と言われ……『もう患者さんの好きにしてもらって』と衛生士・助手に言って立ち去って行かれた事が何度かありました。
また次の診察で、私はやっぱり妥協はできないので『この仮歯だけは納得いかない』と言うしかないのですが、また先生に伝わらずイヤな態度を取られると思うと気が重いです。
あと1本の仮歯まできたのに、どう伝えたら良いのかもわからず精神的にも疲れました。

違う歯医者でこれが良いのか、修正して欲しい仮歯の状態を診てもらってどう伝えるべきか相談しようかとも考えています。
それはやめておくべきですか?
今の歯医者に粘り強く納得いくまで行くしかないとわかってはいるのですが、また先生とのやり取りで嫌な思いをするのが苦痛です。
酒井 信先生からの回答
1
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
納得がいくまで希望を聞いてもらうしかないでしょう。
もしそれが無理というなら、無理な理由を説明して頂き、ご本人が納得するしかないでしょう。

先生を変えることは可能かもしれませんが、料金の負担が大変になるかもしれません。
更に、今の先生のインプラントのメーカーとどのような種類のものを使用したのか、更に、サイズはどのくらいの物なのかなどの手術に関する情報を先生から頂き、そのメーカーの物を使用している別の先生を探さなければいけなくなります。

それらのことを考慮すると、今の先生にしてもらうのが一番良い様な気がします。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
実際の状態がどういう状態で、実際に対応できる範囲なのかそれとも物理的にも無理なことを言っているのか、先生の技術がどうなのか、そういうことが全く不明なので的確なことは言えないのですが、ほかの先生に診てもらうということは、初診料から、レントゲンなどの検査、仮歯の調整やら何やら、すべて自費診療になりますし、ほかの先生もをとても悩ますことになると思います。
今の先生にどうしてほしいのかを写真などを使用して具体的にしっかりと説明して作ってもらうようにしましょう。
(3次元的な土台の位置、インプラントの位置、骨の状態、歯肉の状態、その他もろもろの要素で出来ることが限られてくるという現実もあることもご理解ください。)
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
やはり高額な治療ですので、諦めずご自身の意見を言ったほうがいいと思います。
ダメであれば、最終的なもの、まず仮の形で満足いくまで直す必要が出てきます。
船津 三四郎先生からの回答
4
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
みな 様、初めまして。
インプラントを植立後の仮歯の形態が気になる事と拝察申し上げます。

一般的にインプラントの植立の場合は、天然歯(自然の歯)に比べますと顎の骨の状態や、上下の咬み合わせの関係で、歯並びが理想的な形になりにくい場合が有ります。
その点で私達も時に苦労する場合が有ります。

仮歯の形態にご要望が有る場合は、可及的に、具体的な形の要望を出される事をお勧めいたします。
絵に書いて示す事も1つの方法です。
ただし、前述の通り、顎の骨の状態や咬み合わせの関係で、すべてのご要望にお答えできない場合も有ります。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する