メール相談:矯正器具の下の歯に小さな茶色い穴が開いている。治療の必要は? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 矯正器具の下の歯に小さな茶色い穴が開いている。治療の必要は? カテゴリ 矯正
相談者 すとろべりー様 年齢 21歳 性別 女性
こんばんは。
この場をお借りして歯列矯正中の歯についての質問させて頂きます。
右上1番目の歯の間の左側の面によく見ると小さな茶色い穴が開いています。
この歯はずっと前から小さな茶色い穴が開いていて、風や冷たい物でじんわりしみていました。
歯医者さんが言うには「歯列矯正中で器具の下の辺りにあるから動かせないし見えにくいし、虫歯と言うか虫歯になりかけと言うか」と曖昧な返事が返ってきます。
歯医者さんは「歯列矯正終わるまで治療を待ったら?」と言っていました。
最近は、前よりしみるのが強くなって甘い物や冷たい物や話す時の風でしみるようになりました。
歯列矯正が終わるのも数ヶ月ぐらいと歯列矯正歯科の先生から言われていますが、少し心配です。
歯医者さんの指示通りで良いのでしょうか?
歯列矯正器具を外して虫歯治療をする必要はないですか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
矯正治療中なんですね。
矯正の先生はむし歯に対して意外と気にしなかったりします。
矯正の器具を外してというのがとても大変だからです。
あとから外した時にむし歯治療をすればいいやと思うのかもしれません。
(ただ詰めるというだけで済めばいいですが、神経まで達するむし歯になっていれば大きな違いになってしまいます。)
今回すでにむし歯になりかかりというか、穴が開いているのであれば明らかにむし歯になっていると思われます。
(特に痛みが出ているということはそれなりにむし歯になっています。)

今の状況でもできることはあります。
一時的に黒くなるかもしれませんがサホライドなどのむし歯の抑制剤を塗るか、グラスアイオノマーというむし歯になりにくくするものを詰めてむし歯やしみるのを食い止めておくとかというような処置です。
放っておくことはあまりお勧めできません。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
器具を外さずに治療が可能だと思うのですが、聞いてみるといいと思います。
症状がありますので、早めのほうがいいと思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
すとろべりー 様、初めまして。
矯正治療中の虫歯がご心配の事と拝察申し上げます。

歯列矯正中は、矯正装置が装着されている為、口腔内の自浄作用の低下、歯磨きの難しさ等で通常に比べ虫歯歯周病が格段に発生し易くなります。

1.治療開始時の歯磨き指導
2.装置装着時の歯磨き指導
3.矯正治療期間中の、フッ素洗口、フッ素塗布
等が必要になります。

矯正治療を受けられる方は、元々咬み合わせ歯並びが悪い為、既に虫歯になっていたりする場合が大変多く見受けられます。
私の場合は、矯正治療中に、明らかな虫歯を発見致した場合は虫歯の治療を可能な限り実施致します。
凸凹の歯並びの場合は、歯並びがだんだん良くなってくると、隠れていたむし歯が発見される場合が多々有ります。
歯が重なっている場合は、虫歯の治療が困難な場合も有ります。
その場合は、重なりがもう少し解除されるまで、虫歯の治療開始を待つ場合も有ります。

すとろべりー 様の場合は、痛みやしみが有るようですので、担当医に症状を詳しくお話して、ご相談されてみて下さい。
お大事にどうぞ。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する