メール相談:歯の隙間を埋めるために健康な歯を削ることはよくありますか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 歯の隙間を埋めるために健康な歯を削ることはよくありますか? カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 あちゅぴん様 年齢 35歳 性別 女性
奥歯の歯の隙間が1ミリ?くらい空いていて、長い間、食事をすると必ずと言っていいほど挟まっていました。
以前は、噛み合わせの問題で治すことは出来ないと言われていたので、特に治療しようとも思っていなかったのですが、先日クリーニングに行った際、「銀歯も古くなっているし、小さな虫歯を治すついでに詰め物で隙間を埋めましょう」と言われました。
本日治療で、削った後に前後の写真を見せてもらいましたが、元々銀歯がある部分よりも随分と大きく削られていました。
隙間側には銀歯虫歯もないのに、被せ物で隙間を埋めるためだけに健康な歯を削ったようです。
たしかに歯に物が挟まるのは嫌でしたが、健康な歯を削ってまで治す必要があったのかとショックを受けています。
もっとしっかり説明されていれば治療は受けなかったと思います。
隙間を埋めるために健康な歯を削ることはよくあることなんですか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
隙間を埋めたんですね。
歯の表層を薄く削って接着力を増してそこの部分にプラスチックを貼り付けると、そこをあたかも削って埋めたように見える場合もあります。
また少しむし歯にもなっていると言われているようですし、銀歯も取ってみたら中である程度むし歯っぽくなっていることもあり得ます。
大きく削った状態というのがどの程度の状態なのか、むし歯でもないところを削ったのかというような一番大切なところは文面からだけでは全くの不明です。
隙間を埋めるために健康な歯をたくさん削るということはしないと思います。
酒井 信先生からの回答
2
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
物が挟まる状態を放置しておくと、歯周炎が進行し周囲の骨が無くなってきますので、健全な歯周組織を維持するためには挟まらないようにすることは重要です。

そのために、どのような方法をとるかは、その先生の考え方ですが、今回は歯を削って型を採り、少し膨らませた形態にすることで隙間を埋めたようです。
今回は、接触する部分のみピンポイントで膨らませるより違和感なく自然な形態になると考えてされたようですね。

処置としては間違ってはいないと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
あくまでも必要な時は削ることがあります。
特にものがつまり続けますと、その部分の骨がなくなり歯周病が悪化することがあり、最悪抜歯になることもあります。
船津 三四郎先生からの回答
4
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
あちゅぴん 様、初めまして。
隙間を埋める治療でご疑問の事と拝察申し上げます。

一般的に歯と歯の間の隙間を埋める方法には以下の様な方法が有ります。

1.歯列矯正で歯を寄せて隙間を閉じる
 長所:歯を削る必要が無い
 短所:健康保険が適用しない

2.充填による方法
 1)複合レジン充填
 長所:審美的に金属よりは良好
 短所:歯を削る。大きな隙間には適さない。

 2)金属インレー或いはアンレー
 長所:複合レジンよりは強度的に良好
 短所:歯を削る

3.被せて隙間を治す方法
 金属冠、ハイブリッド冠、セラミック冠等


お問い合わせの場合は2.の2)の方法と思われます。
一般的に行われる方法で有ります。
ただし、どの方法においても、事前の十分な説明と同意が必要で有ります。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する