メール相談:20年前にヒビが入った歯が痛くなり、神経を抜くか悩んでいます | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 20年前にヒビが入った歯が痛くなり、神経を抜くか悩んでいます カテゴリ 根(神経)の治療
相談者 キキ様 年齢 40歳 性別 女性
3日ほど前から前歯のあたりが痛くなり、受診したところ、神経を抜いたほうがいいとのことでした。

20年前にこけた時に表面に少しヒビが入ったのですが、今まで何も問題はなかったのですが、そこから炎症が起きているかもしれないとのことでした。
冷たいものはしみません。熱いものはしみます。噛むと痛いです。
何もしていないときは痛くなかったのですが、昨日受診の時に叩かれたときはだいぶ痛く、それからは常にじーんとした感じはあります。

先生のおっしゃる通りとは思いますが、少し様子を見るのはまずいでしょうか。
様子を見て痛くなくなった時は神経が死んだときだとのことだったので、むしろなるべく早く抜いたほうがいいでしょうか。

また、レントゲンを撮影しての診断ではなかったのですが、レントゲンで神経が生きているとか痛んでいるかはわかるのでしょうか?

神経を抜くのは来週なのですが、それでも間に合いますでしょうか。
神経とは何日くらいで死んでしまうものでしょうか。

一番前の歯で、できることなら神経は抜きたくないのですが、神経が死んでから抜くと、綺麗に抜けないかもとのことで、どうしたらいいか心配です。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
レントゲンで神経が死んでいるのかどうかがはっきりするのは、神経が死んで骨にまでその影響が出ている場合に限られます。
それまではなかなか判定できないでしょう。
今回は熱いものがしみる、という症状からの判断だと思います。
歯髄炎の進行が進んでくると熱いものがしみるようになります。
そうなると不可逆的に炎症が進むことが多いので神経を取るということが多いです。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
経過観察としては、ヒビの部分をコーティングして様子を見る方法もあるかと思いますが、症状が変わらない場合、やはり神経を取るのもいた仕方ないのかもしれません。
レントゲンだけでは神経の生死が分からないこともあります。
神経ですがきれいに抜けるとは思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する