メール相談:虫歯治療で麻酔を打った後から顔面麻痺になりました。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 虫歯治療で麻酔を打った後から顔面麻痺になりました。 カテゴリ 薬・麻酔
相談者 いぬ様 年齢 47歳 性別 女性
76歳の母が虫歯治療で麻酔を打たれましたが、その日から顔面麻痺になり、顔が垂れ下がり、食べるのにも苦労しています。
翌週の受診で顔面麻痺の事を伝えたら、担当が医院長先生に変わり治療が続いていますが、3回目の今日はまだ顔面麻痺が取れていないせいか、脳波の検査を受けるように言われました。
頭の神経のMRI検査は1ヶ月半前に既に受けており、検査結果も特に問題がありませんでした。
なので、顔面麻痺につながるようなことが頭の要因とは思いにくいのです。
医者の責任放棄の気がしてならなく、医者への不信感を拭えません。
こういう対応は普通なのでしょうか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
むし歯治療で麻酔をしたんですね。
歯科で行う麻酔は局所に行う麻酔で、それによって顔面麻痺が生じたということはほとんど聞いたことがありません。
というか医学的には基本的にあり得ないことです。
顔面神経麻痺で顔が垂れ下がるという症状が出ていることから考えて、まずは脳のほうを疑うのは極めて妥当だと思います。
麻酔などで一時的に血圧が上がり、そのことによって脳のほうの微細な脳出血が起きた、など間接的な要因は考えられると思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
局所麻酔では考えにくいのですが、一度大きな病院、歯科大学病院で診てもらうのはどうでしょうか。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する