メール相談:6本分のブリッジが壊れて取れた。今後の治療の選択肢について。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 6本分のブリッジが壊れて取れた。今後の治療の選択肢について。 カテゴリ インプラント
相談者 aco様 年齢 56歳 性別 男性
左上2〜7の6本分のブリッジが壊れて取れました。
2,4,7の3本で6本分を支えていたのでもともと無理があったのですが、2番と4番は状態がかなり悪くなっていて、抜歯するべきかどうか難しいところという医師の判断です。
とりあえず抜歯しないで残す方向で根管治療をしていますが、ブリッジの土台としては難しいだろうということです。
現状、他の歯は
左1〜右2 インプラントブリッジ
右3〜右7 3,6,7のブリッジ
このうち、右3も根管治療が必要な状態とのことです。
最悪、抜歯が必要になることもありえると。
もう一時しのぎできる段階ではないようです。

選択肢として考えているのは
インプラントでの治療
2,4,6にインプラントを2本入れて2〜6のブリッジ
右3がダメになったら、3,5にインプラントを2本入れて、3〜5のブリッジ
上顎にインプラントが合計7本というツギハギ状態になります。
将来的に、左右の奥歯がダメになったときもインプラントで対処するしかないので、最大10本?

◆部分入れ歯での治療
左上に部分入れ歯。
右3がダメになったら、両側の義歯に作り替える。

当初は、ブリッジインプラント義歯の優先順位で考えていたのですが、長いスパンで考えたときには義歯で対処して、最終的に歯をすべて失った段階で、オールオン4という選択肢を考えるのもありかと思っています。
現状としては歯茎の状態は悪くないとのことです。

ご意見いただければ幸いです。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
インプラント治療でのお悩みですね。
様々な考えがあり、どの方法がいいということはなかなか言えません。
ただ最終的に10本のインプラントになることも考えているのであれば、今のうちに8本くらいのインプラントで残っている歯を抜歯する方向で考えてもいいのかなとは思います。
抜歯前提で考えるとさらにその治療方針の幅が広がっていきます。)
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
インプラントに耐えうるような骨があるかどうかも重要になります。
この設計に関しては、将来像も含めて担当の先生ときちんと相談するべきかと思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する