メール相談:ウォーキングブリーチで限界と言われたが歯の色に納得いきません | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル ウォーキングブリーチで限界と言われたが歯の色に納得いきません カテゴリ ホワイトニング
相談者 あー様 年齢 32歳 性別 女性
こんにちは。
相談させていただきます。

前歯の神経が死んでいて黒ずんでいたのでウォーキングブリーチをしてもらいました。
しかし、お薬を取り替える回数は3回までと決まっており、“それ以上やっても白くならない”“これが限度”と言われてしまいました。
自分的に、歯の色に全く納得いっていないのですが、やっぱり白くなりにくい歯だったのでしょうか?
それとも色が納得するまでやってくれる歯医者さんなら、もっと白くなる可能性もあるのでしょうか?

あと、ホワイト二ングをして神経が死んでしまっている歯も少し白くなればと思っているのですが、やっぱりホワイト二ングでは神経が死んでいる歯は少しも効き目ないのでしょうか?
そこの歯医者さんがやっているのはホームホワイト二ングなのですが、ホワイト二ングするのは前歯6本だけって言われたのも少し謎なのですが。

乱文、長文失礼しました。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
ホワイトニングの質問ですね。

> 自分的に、歯の色に全く納得いっていないのですが、やっぱり白くなりにくい歯だったのでしょうか?
> それとも色が納得するまでやってくれる歯医者さんなら、もっと白くなる可能性もあるのでしょうか?

おそらく白くなりにくい歯だったんでしょう。
もちろん可能性はありますが、だめな可能性のほうが高いような気もします。


> あと、ホワイト二ングをして神経が死んでしまっている歯も少し白くなればと思っているのですが、やっぱりホワイト二ングでは神経が死んでいる歯は少しも効き目ないのでしょうか?

効き目がないということはありませんが、やはり長時間作用させるウォーキングブリーチのほうが断然効果があるので、それがダメでホワイトニングで効果があるということは可能性としては低いかと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
オフィスホワイトニングの併用はどうでしょうか。
玉置 敬一先生からの回答
3
和歌山県

玉置 敬一

玉置歯科医院
あー 様

ウォーキングブリーチをしてもらったのですね。なかなか良い方法です。
思うように白くならなかったとのこと。まことに残念。
神経が死んだ歯は血液も循環しなくなり、歯の中で漏れ出た血液がその周囲の象牙細管象牙質の中にあるたくさんのミクロン単位の細い管)の中で酸化して黒くなります。
その酸化して黒くなったヘモグロビンをお薬で色を取るのがウォーキングブリーチと言われる方法です。
これをしてくれる歯科医師は丁寧な先生と思います。
全体を削って上からかぶせればきれいになるのは分かっているのですが、ご自分の歯はできるだけ削らない方が長い目で見ると歯のためには良いと考える先生です。
削らずになんとか白くしようと考えてくれたのだと思います。

3回行って「これ以上しても白くならない」というのはその通りと考えます。
ただ、象牙細管の入り口に何か詰まっているものがあれば内側から象牙細管の入り口をほんの少し触って、つまりを取ってもう一度試してみれば少し変化があるかもしれません。
丁寧な先生のように思えますので、その先生のお考えを尊重しながらもう少し方法がないか相談してみてください。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する