メール相談:歯科医師の説明不足が気になる。説明の練習はしないんですか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 歯科医師の説明不足が気になる。説明の練習はしないんですか? カテゴリ その他
相談者 は様 年齢 46歳 性別 男性
過去色んな歯医者に行きました。
歯医者さんには共通しての疑問がありました。
ちょっとした虫歯なのに何故こんなに削るのか?
詰め物の詰め替えなのに、何故こんなに歯も削るのか?
「じゃあ、削りますね」は言うけど、どれだけの範囲を削るのか、どれだけ深く削るか具体的に説明がない。
削られている最中、「おいおい、まだ削んのかい!」と心で叫ぶはめに。
削り終わった後には、説明不足で不信感を生じても、削られた歯は元に戻るわけではない。
じゃあ、歯医者を変えようかと思っても、次に行く歯医者が自分と合うかもわからない。
結局、歯医者に不信感を抱き、歯医者に行くことが遠のく。
このサイトの質問と回答を見ていると、歯医者さんが行う治療は大きく間違えてはないと思いました。
専門家から見ると当たり前の治療が、知識のない患者からすると不信感がわく。

そこで質問です。
歯医者になるための学校では、治療前に患者に対して、治療内容を具体的に、素人にもわかるように説明するということは、練習なり、ロールプレイングはしないのでしょうか?
多くの歯医者に治療されまさたが、歯医者は技術屋、職人にしか感じません。
歯医者とは、物作りしてる職人と同じのように思えてなりません。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
歯科の説明に対しての質問ですね。

簡単に言うと保険診療だからです。
保険診療ではその費用が処置によって決まっています。
その費用がとても安いのが原因です。
例えばお書きになってるむし歯治療ですが、プラスチックの詰め物、日本では3,4千円ほどの処置になります。
3割負担なら1000円ですね。
では同じ処置を諸外国でしたらどのくらいだと思いますか?
だいたい3万から5万円です。
数割安いとかそういうレベルではないことがすぐわかると思います。
根っこの治療でもアメリカでは1つの根っこに対して10万くらいと言われています。
日本だとそれを3,4本ある根っこでも6,7千円で行うことになっています。
またどのくらいむし歯が中で広がっているのかをレントゲンを撮って見てもらっても、なかなかその理解が難しいと思います。
CTを撮ればその中のむし歯の広がりがわかりますが、もちろん保険ではそのようなものは認められていません。

> 「じゃあ、削りますね」は言うけど、どれだけの範囲を削るのか、どれだけ深く削るか具体的に説明がない。

歯科医師も実際削てみて触ってその硬さなどでむし歯を判断するわけで、あらかじめその全てがわかっているわけではありません。
なので説明のしようがないのです。
説明としてはむし歯を削りますね、ということしか言えません。

説明をしっかりしてくれる歯科医院もあります。
マイクロスコープを見ながら実際に取っているところを見せてくれるようなところです。
保険診療を取り扱っていない診療所です。

最近は、は様のように説明をしっかりとしてほしい、最高の治療を望むという患者さんが増えてきており、それに伴い保険診療を行っていない診療所も出てきました。
そういうところで診てもらうというのはいかがでしょうか?
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
今の学生の教育はきちんと説明することを講義されていると思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する