メール相談:舌突出癖と歯の傾斜のため、矯正後インプラントをした方が良い? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 舌突出癖と歯の傾斜のため、矯正後インプラントをした方が良い? カテゴリ インプラント
相談者 K様 年齢 38歳 性別 女性
治療方法を決めるための相談をさせてください。

7年ほど前から右下の6番が抜いてあるあるため5、6、7番をブリッジにしてあったんですが、5番の根っこが虫歯になりブリッジに耐えられないという事で5、6番をインプラントにするようオススメされました。

そこでまず歯並びの詳しい検査をしたところ舌が前歯に当たっているため全体に歯が前方に傾斜している事がわかりました。説明が難しいのですが、上の前歯中央には隙間があり出っ歯のように若干前にでています。

犬歯やその後ろの歯は中心線を表すと前方に向かって45度くらいに傾いていると説明を受けました。

また、ブリッジになっていた部分の上側(かみ合わせる側)の歯が少し下に下がっているとも聞きました。見た目は歯並びが悪いようには見えない程度なんですが、舌突出癖(?)と歯の傾斜があるため、将来的にその根本的な原因を直さないとインプラントをしても歯に負担がかかり割れてしまう可能性があるとの事でした。

なので歯全体に矯正器具をつけ1年〜1年半矯正してから、インプラントを正しい位置につけることをお勧められました。
歯の噛み合わせや生え方が治ることによってさまざまなトラブルが減ると聞きました。

また、お医者様からは私がそこまでの理想的な状態を望まなければ、矯正せずにインプラントをしても構わないとも言われています。

もちろん理想的な歯並びになることは歯の健康につながると思うのですが、そこまで完璧にするメリットは大きいのでしょうか?
歯の傾斜はそれほど治療が必要なものなんでしょうか?
矯正をするかしないかどう決断していいか迷っています。

また歯にワイヤーで力をかける事で弱い歯だとその力に負けてしまう事はあるんでしょうか?神経のない弱い歯も数本あるため、根っこが割れたりしないのかと心配です。

そのほか矯正によって歯への悪影響はありますか?

説明がうまくできず申し訳ありませんが御相談に乗って頂けると幸いです。宜しくお願いします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
お口の中の全体のバランスを考えたしっかりとした、治療計画を立てられる歯科医院、先生だと想像します。

確かにおっしゃるとおりに全体の噛み合わせ矯正することは、非常に理想的です。

そして、その上でインプラント治療を行えば今の歯科医療から考えると、理想的な口腔内状況になると思います。

ただ、極端な話、インプラントにしなくても、たとえば放置したとしても
咬むことに不自由はあるかもしれませんが、生きていくことができないわけではありません。

要はどこまでの治療をあなたが求めているのか?

経済的なことや、時間的な制約、自分の持っている価値観などで、その理想的な治療の姿は個人個人で変わってきます。ご自分で納得できる治療が結局は最高の治療なのだと思います。

矯正無しで、インプラントだけでも咬むということにおいては相当な
治療効果があると思いますし、良い治療だとおもいます。

あとこれは蛇足ですが、矯正治療でかける力はほんとに弱い力です。咬む力に比べれば数十分の1くらいの弱い力です。(ただこれを24時間継続的にかけ続けることによってゆっくり歯が動くんです。)

なので矯正によって、歯が割れる危険はあまり考えなくても良いです。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
もちろん理想的な歯並びになることは、歯の健康につながると思うのですが、そこまで完璧にするメリットは大きいのでしょうか?

きれいな歯並びはブラッシング歯周病虫歯などのリスクを軽減する上では大きなメリットがあります。単純な歯並びのほうが歯ブラシのしやすさから言うと、かなり楽なはずです。

ここで一番大事なことは、舌の悪習癖を何とか治すことではないでしょうか。
この場合、矯正をしてもその癖が治らないと、また元に戻る可能性があります。

それを治しながらの矯正ならぜひやるべきだと思いますが、矯正は口の中に装置をつけますので、きちんとした覚悟をもってはじめないとストレスになることがあります。

ご自身のQOLで判断考えて決断するのが良いと思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する