メール相談:コアが必要な治療というのはクラウンを被せるということですか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル コアが必要な治療というのはクラウンを被せるということですか? カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 ナガオ様 年齢 44歳 性別 男性
現在、自由診療で前歯の根管治療を検討しています。
保険診療を行っていましたが、効果がないため抜歯と言われたため)
自由診療の歯科で診察してもらったことろ、ファイバーコアレジンコアが必要との見積がでてきました。

そこで質問なのですが、ファイバーコアもしくはレジンコアを入れるということは、その後にクラウンが必要になるということなのでしょうか?
それとも、レジンで対応することも可能なのでしょうか?

コアとその後の治療の関係性がよく分からないので教えてください。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
コア〔土台〕ですので、最終的には普通被せ物になります。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
治療の方法での疑問ですね。
レジンコアファイバーコアが必要といわれたんですね。
今開いている穴の大きさや形状、先生の処置方針によってどうするのかはいろいろです。
レジンでできるかもしれませんし、できないかもしれません。
直接どういう方針なのかを聞いてみましょう。
酒井 信先生からの回答
3
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
歯冠部の崩壊がどれほどあるかによると思います。
一般的には全部被覆になると思われますが、コアをいれて充填するケースもゼロではありませんので、担当の先生に伺って下さい。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する