メール相談:セラミック治療の通院回数に差がある理由はなんでしょうか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル セラミック治療の通院回数に差がある理由はなんでしょうか? カテゴリ セラミック
相談者 はいいろ様 年齢 47歳 性別 女性
神経を抜いて変色した歯を白くしたいと思っています。
二軒歯科に行きましたが、どちらもセラミックを被せる方法を提案されました。

二軒を比較したところで疑問です。
片方は通院回数は8回、もう片方は4回とかなり違います。
多いからいいというわけではないでしょうが、なぜこんなに差があるのかと不思議です。

どちらを選ぶべきか悩んでいます。
8回の方は徒歩で通える範囲、値段は2万安いです。
4回の方は電車、でも審美歯科を専門にしているところで、時間は急がずに診察してもらえそうです。
ですが素人なので、判断が難しいです。
通院回数の差はどんな理由が考えられるでしょうか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
被せものの期間、回数のことでの疑問ですね。
一言で言うとどこまでを処置するかそれだけで大きく違ってきます。
きれいな歯を長持ちさせるためには根っこの中の治療がしっかりなされており、歯茎の健康な状態であることが大切です。
すでに神経は取っているということですが、被せをしてから根っこが痛んだら困るのでもう一度やり直そうと考える先生ならその分回数が増えますよね。
歯茎をきれいにしておこうと歯周病治療をしっかりとしようとするとそれにも回数が掛かります。
時に審美歯科専門のところは、そのような病気のところを飛ばして、あくまで被せものをきれいにだけするというところもあるようです。
実際にはどちらがどのような処置をしていく予定なのかはわかりませんが、回数という点ではその先生の考え方で大きく変わってきます。
酒井 信先生からの回答
2
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
必要な処置をあげると

1.土台が必要な場合は、土台のための型取りと仮の歯の装着 
2.土台を装着して仮の歯を再製作 (直接口腔内で土台を作る場合は1回で済みます)
3.精密な型を取るための枠を作るための型取り
4.精密印象
 被せ物を一度に完成させずに、形態と色の具合をお口の中で確認してから、最終仕上げにかかる場合もあります。
5.調整・仮止め
6.本装着

1と2はやり方で1回で済みますし、3を同時にすれば1〜3は1回で済みますので計4回で終了となります。
どれだけ一度でやってしまうかで回数は大分違ってくるでしょう。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
おそらく、問題ない歯だとは思うのですが、保険外の治療になりますので根の治療に、先生なりのこだわりを持っている可能性がありますので、自分なりに根の治療を再度してからと思っているのかもしれません。
船津 三四郎先生からの回答
4
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
はいいろ 様、初めまして。
通院回数の差にご疑問の事と拝察申し上げます。

文面のみでは、詳細がわかりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、1回当たりのチェアータイム(治療時間)が長い場合は、通院回数が少なくなります。

恐らくその差が出ているのではないでしょうか。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する