メール相談:2歳の娘がエナメル質形成不全です。永久歯も同じになりますか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 2歳の娘がエナメル質形成不全です。永久歯も同じになりますか? カテゴリ 小児歯科
相談者 nurgozhina様 年齢 35歳 性別 女性
はじめまして。

もうすぐ2歳になる娘の歯につて相談です。現在、旧ソビエト圏に住んでいます。

4ヶ月前に娘の虫歯を発見し、先月、やっと別の街まで行って子供を扱ってくれる歯科医院を見つけました。そして娘の虫歯の治療をし時、医師から「ほぼ全部の歯がエナメル質形成不全」だと言われショックをうけました。

それからエナメル質形成不全について、色々とインターネットで調べ、ある程度の知識を得ました。

永久歯のことを心配しているのですが、
1) 乳歯が全身的なエナメル質形成不全の場合、永久歯も同じようになりますか?
2) 何歳ぐらいに永久歯エナメル質は形成されるのですか?
3) 予防方法はありますか?

ちなみに、乳歯エナメル質形成不全の原因は、妊娠中のつわりであまり食べてなかったのが原因かと思われます。

現在は、虫歯にならないよう、甘いものは果物とヨーグルトだけにし(1日に過剰摂取しないよう気をつけてます)、歯みがきは1日最低2回しております。
又、食事にも気をつけて、たんぱく質とカルシウムはきちんと摂取させるようにしています。あまり野菜の種類がないので、ビタミンDなどのビタミン摂取として、幼児用のマルチサプリメントを飲ませております。

どうぞよろしくお願い致します。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
>永久歯のことを心配しているのですが、
>1) 乳歯が全身的なエナメル質形成不全の場合、永久歯も同じようになりますか?
⇒両者に相関関係は無いものと思います。

>2) 何歳ぐらいに永久歯エナメル質は形成されるのですか?

⇒永久歯列におけるエナメル質形成開始は、生まれてから、ほぼ3から4カ月目と言われています。

>3) 予防方法はありますか?
⇒お子さんの虫歯予防に関して大事な時期は、1,5歳から3歳までと言われています。その期間に時に肉親から虫歯菌の感染をさせなければ、虫歯になりにくい口になるはずです。ですので、ご両親に虫歯があるようでしたら、この期間はお子さん専用の食事器具で食べさせること、決して口うつしなどで食物を与えないことが重要になります。

それから、酸性系の食べ物やベジタリアンに偏りすぎた食体系、歯の溶ける果物の過剰摂取はお気を付けになってください。エナメル質が溶けて虫歯の原因の一つになります。おっしゃる通りバランスの取れた食体系がいいと考えます。酸性系の食べ物をとりすぎたと感じた場合、一度水などで口をゆすいで酸性に偏った口の中を中性にして、少し時間をおいてから歯を磨かれるのもいいと思います。その場合フッ化物配合の歯磨き粉やフッ化物ジェルなどを使うことで歯を丈夫にすることができると思います。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
乳歯永久歯は、作られる時期が違うので永久歯も同じようになることは少ないと思います。

ただ、全身的な疾患のためにエナメル質形成不全が起こることもあるので
その場合には大人の歯に影響があると思います。ただこれも生えてくるまではわかりません。

だいたい妊娠後期から出産の時期にかけて、永久歯の形成が始まり、最後は親知らずですが、エナメル質に関してはだいたい12.3歳くらい
に終わると思います。(かなり個人差があります。)

エナメル形成不全を予防する予防方法は特にありません。
通常の歯に良いとされる食生活や生活習慣をしていれば、あまり心配しすぎても仕方が無いのであまり神経膝になりすぎないほうが良いと思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する