メール相談:セラミックの歯の隙間と前歯の歪みが気になり人前で話すことが嫌 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル セラミックの歯の隙間と前歯の歪みが気になり人前で話すことが嫌 カテゴリ セラミック
相談者 すずちゃん様 年齢 67歳 性別 女性
3年前に上前歯2本をオールセラミックにしました。(3回目です)
30年前はセラミックで15年前はプラスチックでしました。
昨年の秋頃から歯と歯の間の隙間が気になり、先生に相談したらセラミックの歯は隙間を埋めることが出来ないから、今のを外して作り変えるしかないと言われました。
やっと3年前にセラミックに作り変えたのに費用もかかるのでそのままにしていますが、段々隙間が広がってきています。
2か月に一回の定期検診を4年間通っていますが先生の治療法に不安を抱いています。
上の奥歯が下の奥歯に対して少ないから広がるらしいです。

反対に5年前に別の歯科医で下奥歯左右に2本、合計4本インプラントを入れてから下の前歯が一本前に出てきました。
なので人前で話すことが嫌で困ってます。
隙間は早く治したいのですが、作り変えないと無理なんでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。
ちなみに奥歯に負担をかけないよう作って貰ったマウスピースを就寝時に着けて寝ています。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
歯並びのことでの相談ですね。
歯並びではなくて隙間だと思われるかもしれませんが、歯が移動してきて隙間が開いてきているというように思えます。
歯というのはその瞬間を見るととてもしっかりしており動かないように感じますが、実際には年単位でどんどんと動いているものなんです。
その歯が安定してあるためには頬の筋肉、舌の筋肉などの弱い力だけど継続的な力というものでその安定しているところに歯が並ぶというようになっています。
以前は持っていたけれども今回は3年くらいでだんだん隙間が空いてきたというのは、以前に比べて歯が動きやすくなった、歯に力がかかるようになったというのが一番の原因のような気がします。
歯が動きやすくなる原因には骨が少なくなってくる歯周病が関係していますし、歯にかかる力というのは奥歯がなくなってきてしまったというようなことです。
あと習癖としてTCHなどがあるとさらにその影響が出てしまうでしょう。
今回奥歯にインプラントを入れた後に前歯が動いたということですから、舌やTCHなどがあるのかもしれません。
歯ぎしりの時にかかる力も問題になってくると思います。
インプラントは骨に対して動くことはないので、インプラントをしたから前歯が動いたということはあり得ないということです。
(もししていなかったらさらに動きが大きかった可能性が高いのではと想像できます。)

先生に対して不信感を持っているようですが、上記のような原因であれば歯科医師が被せものを被せることによって、何とかできるというレベルではありません。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
下の歯にインプラントが入っていて、隙間が開くということは噛み合わせが深くなってはいないでしょうか?
上の歯の状態を見てもらいましょう。
それと、舌に悪習癖はないでしょうか?
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
すずちゃん 様、初めまして。
前歯の隙間が気になる事と拝察申し上げます。

実際にすずちゃん様の口腔内やレントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、一般的に前歯の隙間や、前歯の突出の原因には以下の様な要因があります。

1.舌の突出癖
2.奥歯の歯数が少ない
3.奥歯の咬み合わせが低い
4.態癖
  睡眠態癖(うつ伏せ寝)による下顎の後退
5 .口呼吸
6.歯周病
7.異常嚥下癖

上記の様な症状を見極める事の出来る歯科医師にかかる事をお勧めいたします。
お大事にどうぞ。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する