メール相談:人工骨を入れるか自分の骨を使うかで迷っています。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 人工骨を入れるか自分の骨を使うかで迷っています。 カテゴリ インプラント
相談者 aya様 年齢 40歳 性別 女性
現在、前歯インプラント治療を検討しております。

大学病院でインプラントに定評のある(日本口腔外科学会指導医)先生に診察していただき、骨が少ない(5〜6ミリ程度の厚み)ので「自分のあごの骨を入れる手術をしましょう。そんなに大変ではなく、費用も2万円程度です。」と言われました。

大学病院に通うためには仕事を休まねばならないため、その先生に土曜日も開業している、同じ大学病院で働いていて独立された先生を紹介していただき、受診しましたところ「僕なら珊瑚で作った人工骨を埋めます。費用は同じく2万円程度ですし、骨を埋めると取った部分がはれるし体に負担もかかります。」と言われました。

その先生同士は先輩後輩の間柄で、正直どちらの先生のやり方も間違いではないと思うのですが、どちらの方法がいいのか、他の先生のご意見もお伺いしたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

両方の先生共に、骨が少ない、という事は共通しております。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
いわゆるGBRという処置です。

自分の骨を使うのであれば、一番安全だと思いますが、将来的に吸収するとの見解も指摘されています。また人工骨を使い吸収を防ぐ見解もありますがそれが本当に自分の骨になるのかどうかはまだ証明されていないような気がします。

しかしながら、現在行われているのはどちらも同程度か、人工骨を使うほうがやや多いような気もします。

正直私的には、どちらでも大丈夫であると考えます。
後は、ご本人が自分の骨を使用するのか、はたまた手術しんしゅうの軽度なほうを選ぶのかの違いだけだと思います。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
人工骨の選択ですね。

人工骨の選択はそれぞれ利点欠点があります。自家骨、自分の骨を使うというのが一番の理想ではありますが傷が2か所になり、骨を取ることにより痛みが出たり、感染する機会が増えたりといったリスクもあります。

逆に人工骨の場合には、そういった手術のリスクは骨を取るところがないため軽減するのですが、人体にとって異物となる人工骨を入れるということである意味リスクがあります。(とはいえ人工骨だから全く駄目で使い物にならないということはまずありません。非常に多く使われており、安定もしているというのが実際のところです。)

人工骨そのものも種類は何十種類もあります。これはドクターがある意味好みで使い分けています。よくお話を聞いて、信頼できると思えば細かな手技、材料についてはある程度お任せしても問題ないと思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する