メール相談:インプラント・ブリッジ・入れ歯の選択で悩んでいます。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラント・ブリッジ・入れ歯の選択で悩んでいます。 カテゴリ インプラント
相談者 ayaketa様 年齢 46歳 性別 女性
初めてご相談させていただきます。

幼少の頃から左下の6番が虫歯で神経を抜いていました。いままで良く持ちこたえていましたが、本日、フロスをしているとポロっと取れました。
歯茎には残りの歯があり、本日抜歯に行きます。

ここからがご相談なのですが、前に通院していた歯科では、保険適用外のブリッジを薦められます。私もまだ未婚で奥3本(親知らずは生えていません)が銀色になるのに抵抗があります。

でもいろんなサイトを見ていると保険内治療を薦めています。
どちらにするのが良いのでしょうか?

・白い歯にすると欠けやすいうのは本当ですか?
これからずっと付き合う問題なので後々のことを考えていきたいと思うのですが・・・知らないコトが多すぎて決断できません。

何の相談かもわかりにくいですが、保険治療と保険適用外どちらをお勧めされるか教えてください。
山内 美香先生からの回答
1
東京都

山内 美香

白金山内歯科室
ご年齢のことを考えると、単独で治療できるインプラントがよいと思います。

保険外治療のブリッジの費用とインプラント一本の治療費はあまり変わらないと思います。

歯が本来の自分自身の役割を果たすには単独であってのことです。
費用対効果を考えてももう一度、検討をされたほうがよいと思います。
高崎 真一先生からの回答
2
奈良県

高崎 真一

医療法人 有真会 たかさき歯科医院
ayaketa様

もし、自分が同じ状況ならということで回答します。

まず、保険の治療はしませんね。何故かというと、保険治療は手抜きをすることは無いんですけど、使える材料が保険適応の物でなくてはならないからです。

まず左下6番を抜歯したあと、テルプラグは入れてほしい。そのほうが治りがよくて骨がすぐできる。そして、インプラントをして、白いオールセラミッククラウンハイブリッドセラミッククラウンを入れますね。

ブリッジだと前後の歯を削らなければならないですからインプラントです。じゃあ何で白でないといけないの?ということです。6番は後ろのほうだから、あまり見えない。そうなんです。あまり見えない。

しかし、テレビを見てるとタレントの奥歯が銀色なのは見える。笑った時とか、大声をだした時。タレントや役者なら白でないといかんでしょう。友人に役者がいてますが、ハイブリッドセラミッククラウンに全部替えました。

白い歯がかけることは良くあります。オールセラミッククラウンだとめったにかけません。たとえ欠けても少し丸く調整すれば余り支障はありません。

保険治療は最低限の治療をする方法です。もっとも、保険の金属でも金銀パラジューム銀合金とニッケルクロム合金があります。

銀合金は口の中で黒くなります。錆びるということです。ニッケルクロム合金はさびませんけど、アレルギーが出ます。僕自身がニッケルアレルギーなので、使ったことはありません。

しかし、こんなひどい金属を治療用に入れていること自体異常です。金銀パラジュームはこの3つの中では一番ましです。しかし、人によっては黒ずみます。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
まず、保険の中の治療ですが、ブリッジ義歯があります。

この違いは、取り外しがあるかどうかと歯を削るかどうかだと思ってください。保険内の治療の場合、ご本人が自分の歯を削っていいのか削らないほうがいいのかで決める必要があります。

抜歯する歯の両側を削って被せるのがブリッジになります。その橋げたになる歯が、すでに削ってあって、また被せてあるのであれば、ブリッジが使いやすいと思います。削ったことのない歯であれば、悩むことになります。

この年齢で義歯も抵抗があるでしょうし、、、。あとブリッジの中で、まるまる削らず、詰め物のような形態(インレーブリッジ)でしのぐやり方もあります。

ただ歪むと、取れやすいので定期的なメインテナンスが絶対に必要になります保険外のブリッジ(白い歯になるとは思いますが)でも同じことです。保険ブリッジよりも歯を削る必要が出てきます。白い歯が壊れるお話ですが、それはさまざまな要因があると思います。

かみしめが強い方であれば、必然的に割れやすく壊れやすくなります。かなりシビアな調整やスプリントナイトガードなどを使用して壊れにくくする必要性も出てくるでしょう。

両となりの歯が健全に近い歯で、保険外治療でもいいのであればインプラントがいいと思います。少しお金はかかりますが、自分の歯をいじめる必要が無いところだけを見れば、今一番いいのではないでしょうか。

お答えにならないかもしれませんが、、すみません。
河原 雅朗先生からの回答
4
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
絶対に抜かなくてはいけない状態なのですね。

抜かないで済ませられるという選択肢があるのであれば、それに越したことはないのですが、抜歯となると残りはブリッジ、入れ歯、インプラントという選択肢になります。

保険外のブリッジで、考えた場合、場合によっては、費用的にもインプラントと変わらなくなります。

入れ歯であれば費用的にも安く、銀歯ではありません。前後の歯を全く傷つけないで済むという点で、インプラントも考えられます。

今の状態で前後の歯が全く健康な歯であれば、そのことも考慮に入れたほうがよいかと思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する