メール相談:インプラント治療後、裏側の歯茎が下がり金属が見え痺れがある。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラント治療後、裏側の歯茎が下がり金属が見え痺れがある。 カテゴリ インプラント
相談者 リップス様 年齢 62歳 性別 男性
2年前に下顎にインプラントを8本入れました。
左の2番のインプラントが、入れた時から痺れるような痛みが毎日あります。
すぐに担当医に言いましたが、本歯が入れば変わるとのことでしたが、去年の1月に本歯になっても変わりません。
CTを撮りましたが、異常なしと言われました。
2年経って変わったところは、裏側だけですが、痛いところの歯茎が下がり、金属が見えてます。
周囲炎が怖いので調べたら、骨には異常ないと言われましたが、なんでそこだけ?疑問です。
腫れは、手でさわるとボッチみたいなものができています。
押すと痛いです。
毎日なので仕事もできません。

今の状態は24時間、軽い痺れはとれません。
痛みも出ますがヒリヒリ感が強い、痺れてるような感じです。
担当医に何度訴えても、骨には痛点がないので、歯周病でグラグラの歯だったので、その痛みを脳が覚えてるのではないか?と言われました。

これって、非定型歯痛という意味ですか?
今の担当医では、積極的な治療はないとのことです。
どうしたらいいか教えてください。
インプラントが、下顎神経を圧迫してるんじゃないか?など、いろいろ心配です。
脳が覚えてる痛みと言われたら何も言えません。
本当にそんなことあるのでしょうか?
たまに、痛みがかなり軽くなることもあります。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
以前にもお答えしたように、ほかの歯科医院でどういう状況かを診てもらうほうがいいと思います。
ネットでいくら非定型歯痛であるかどうかを議論しても、指で押さえて痛いというのも治すことはできません。
ちなみに指で押さえて痛いのは歯茎の神経です。
骨には確かに痛点はありません。

また脳が覚えている歯痛というのも可能性がゼロというわけでもありません。
昔戦争で腕を切り落としたけれども、ないはずの手がかゆかったり痛みがあったりという話を聞いたことがあるかと思います。
それは結局は脳がそう感じているということで、同じことが口で起こらないとは言い切れません。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
一度大学病院のインプラント科、ペインクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。
酒井 信先生からの回答
3
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
骨の中には、レントゲンで確認できない細い神経が走っています。
今回はそのような末梢の神経が反応しているのかもしれません。
早期の場合は神経賦活剤の処方で対応する場合もありますが、圧迫しているようなら、外すしかないでしょう。
船津 三四郎先生からの回答
4
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
リップス 様、初めまして。
インプラント治療後の痺れが気になる事と拝察申し上げます。

実際にリップス様の口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、症状から推測致しますと、「オトガイ神経麻痺」を推測致しますが、オトガイ神経麻痺は、CTレントゲン等で、比較的容易に診断がつく事が多いのですが、CTに異常無しとの事ですので、別な原因があるのかもしれません。

ご心配な場合は、セカンドオピニオンで、他医の意見も伺う事も選択肢の1つです。

お大事にどうぞ。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する