メール相談:抜歯矯正後は唇と歯、歯茎との距離は広がりますか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 抜歯矯正後は唇と歯、歯茎との距離は広がりますか? カテゴリ 矯正
相談者 Pod様 年齢 28歳 性別 男性
歯列矯正で歯を抜歯して、後ろに引っ込めると通常唇と歯、または歯茎との距離は広がるものなのでしょうか。
仮に広がった場合、何か起こりうる弊害はあるのでしょうか。 
また一般的に出っ歯の方のほうがこの距離は小さいのでしょうか。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
矯正では歯を横に広げる力も掛けますから、全体としてのアーチが広がる傾向にすることが多いです。
一番前の歯は、前後的にはもちろん引っ込むんですが、全体のアーチとの関係からすると、ただただ隙間が開くということにはならないことも考えられます。
またもともと出っ歯で唇が歯で押されている状態であったのなら、歯が引っ込んでも隙間はできませんよね。
そのどちらの要素が大きいのか、どの程度の動きなのかはそれぞれの個人差が大きく、そうなると一般論では話ができないということになってきます。

唇と歯との間が空くことの弊害ですが、あまりよくわかりません。
基本的にはこれといった弊害は考えにくいです。
船津 三四郎先生からの回答
2
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
Pod 様。
一般的に抜歯をして歯列矯正を実施した場合。
前歯部を下げる(引っ込める)フォースシステムで行った場合は、唇と前歯の間の距離は少し広がります。
この距離は、前歯の移動量(下げた量)と相関関係があります。
前歯が引っ込む事は、歯列が小さくなることを意味します。
歯列が小さくなりますと、口の中の容積(舌房)が狭くなりますので、舌に違和感が出る事があります。
上顎前突(出っ歯)の場合は、前歯部の移動量プラス前歯の歯軸の変化量が有りますので、歯と口唇の距離がかなり多くなる事も有ります。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
必ずしもそうとは限りません。
歯を抜くことで、鼻尖とアゴを結んだ線に唇がつくかつかないようにして、横顔をきれいにします。
そのように考えてください。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する