メール相談:根管治療で完治していない状態でインプラントをしても大丈夫? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 根管治療で完治していない状態でインプラントをしても大丈夫? カテゴリ インプラント
相談者 柳川様 年齢 25歳 性別 男性
20歳男です。
小学生の頃に両前歯を強打し、歯の神経が死んでしまったのです。
右前歯だけが内部吸収をしており、ぐらついているのですが早めにインプラントをした方がいいのでしょうか。
その際、左前歯も同じようにした方がいいのでしょうか。

また、右前歯は根管治療で菌を完全に取り去るのは難しいといわれて(たまに掃除してもらっています)、完治していないままです。
そのような状態でインプラントをしても大丈夫なのでしょうか。
回答よろしくお願いいたします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
インプラントのことでお悩みですね。
内部吸収を起こしてきてしまった場合にはその対応が難しく、抜歯が適応になってくるかとおもいます。
その際インプラントをお考えということですが、有効な手段となると思います。


> その際、左前歯も同じようにした方がいいのでしょうか。

それは左前のほうの状態に藻よりけりだと思います。
今なにもないのにわざわざする必要もないと思いますし、ほかにも虫歯が多数あって同時にほかの処置もする必要があるというような場合には、そこも一緒に考えたほうがいいこともあります。


> また、右前歯は根管治療で菌を完全に取り去るのは難しいといわれて(たまに掃除してもらっています)、完治していないままです。
> そのような状態でインプラントをしても大丈夫なのでしょうか。

インプラントは歯を抜いて行うので、細菌がそこに残ることはありません。
抜歯をしてからしばらくしてインプラントをしたほうがいいのか、それとも抜歯と同時にインプラントをできるのかはその状況を調べて様々なことを考慮して(対合関係や骨の吸収具合、もともとの骨の幅などなど、)、主治医が決めていくことになります。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
難しいところではありますが、もう少しギリギリまで使うこともいいと思います。
あとは、骨が現状を保てるのかどうかを経過観察することがいいと思います。
どうしてもダメだと、主治医と相談して判断された場合、インプラントという選択肢もいいと思います。

両方の歯が必要かどうかは、きちんと相談が必要です。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
柳川 様、初めまして。
外傷歯の今後がご心配の事と拝察申し上げます。


> 右前歯だけが内部吸収をしており、ぐらついているのですが早めにインプラントをした方がいいのでしょうか。

日常的に、右前歯がある程度、使用出来るようであれば、インプラントを急ぐことはありません。


> その際、左前歯も同じようにした方がいいのでしょうか。

左前歯に、ぐらつきが無ければ、インプラントの必要はありません。


> また、右前歯は根管治療で菌を完全に取り去るのは難しいといわれて(たまに掃除してもらっています)、完治していないままです。
> そのような状態でインプラントをしても大丈夫なのでしょうか。

抜歯の際に、根尖周囲の不良肉芽をきちんと掻把すれば大丈夫です。

お大事にどうぞ。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する