メール相談:神経の治療中の歯が継続的に痛む。痛みを和らげる方法はある? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 神経の治療中の歯が継続的に痛む。痛みを和らげる方法はある? カテゴリ 根(神経)の治療
相談者 世音様 年齢 27歳 性別 女性
初めまして、世音と申します。

去年の12月の下旬から中心結節の治療ということで、神経を取るために通院しております。
左下の歯で、神経の形が悪く、かなり下の方で二手に分かれているようです(先生方はワンツーツー?の形のようなことをおっしゃって言ました)

2回目の治療を1月6日に行い、消毒?をして頂きました。
ですが昨日あたりから突然歯が痛み始め、今日、急患という形で通院している歯医者に診て頂いたのですが、前回と同じように消毒?をし、痛み止めを6回分もらい終わりました。

原因としては、2つに分かれている神経のうち片方をミイラ化させるということなので、ミイラ化させる神経が死につつあるので痛むということ、もしくは私が不注意で固いものを食べ、傷つけてしまった、ということが考えられるそうです。

痛み止めで耐えてくださいと言われのですが、継続的に痛むので6時間おきに飲んだら3日程度しか持ちませんよね…。
少しでも痛みを和らげる方法はありませんか?
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
痛みを止める方法ですが、やはりきちんと残りの神経の処置が必要かと思われます。
これが最善かと思います。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
咬んだ時にその歯が強く当たらない状態になっているでしょうか?
であれば、ずっと痛み続けるということはないと思います。
今しばらく痛みどめで乗り切りましょう。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
世音 様、初めまして。
抜髄後の疼痛でお困りのことと拝察申し上げます。

一般的に、抜髄(神経を取る)後の疼痛が残る原因には以下の様な要因があります。

1.残髄炎
2.根管側枝の存在
3.副根管の存在
4.夜間就寝時の歯ぎしり
5.噛み締め癖
6.TCH
7.4、5、6が原因による歯根破折


4、5、6、7が存在する場合、口腔内には、以下の様な症状が出る事が多いです。

1.骨隆起
2.歯の咬耗
3.歯の摩耗
4.歯のヒビ
5.顎関節症状
6.被せ物詰め物がすぐ壊れる
7.知覚過敏様の症状
8.歯頸部くさび状欠損
9.舌の痛み
10. 舌圧痕
11.頬粘膜圧痕

お問い合わせの件は、1.3.が該当ではないかと思われます。
歯髄失活剤にて残髄除去の予定のようですので、漸次疼痛が消退していくものと思われます。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する