メール相談:ひざの骨を移植したインプラント治療の説明をされました。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル ひざの骨を移植したインプラント治療の説明をされました。 カテゴリ インプラント
相談者 りょらこ様 年齢 44歳 性別 女性
こんにちは。
現在、上顎は前歯5本しかなく、部分入れ歯を使用しています。
しかし、残っている前歯に不安を感じ、インプラントを考えるようになりました。
私は骨が薄いらしく、かかりつけの歯科医では治療が難しいと、口腔外科を紹介されました。
そこで、全身麻酔でひざの骨を移植手術し、1週間ほどの入院、その後インプラントの治療を開始します、と説明を受けました。

治療費用、期間は仕方がないと思っていますが、ひざの骨を移植してまですべきなんだろうか…と悩んでいます。
40代ですが、ゆくゆく多くの人が通る道だと思うと、このまま部分入れ歯を使用し、近い将来上顎総入れ歯という方法でもいいのではないかという気持ちがあります。

どちらがいいのでしょうか?
また、別の方法がありましたら、教えていただきたいです。
お願いいたします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
上顎洞挙上術のことですね。
移植する骨をどこから持ってくるのか、もしくは人工物を使うのかといったことは、歯科医院で考え方がいろいろ有り、どの治療方法がいいのかはまだなんともいえません。
なかなかインプラントを専門的におこなっているところは少ないかもしれませんが、何箇所かサイナスリフトはどういうように行うのかを聞いてみるのもひとつの手段かもしれません。
(電話でもある程度は相談に乗ってくれると思います。)
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
その治療方針もひとつの手段です。
あとは可能な部位に、インプラントを入れてその上に義歯を装着する。
ノンクラスプデンチャーをトライしてみる。
大学病院ではないインプラント専門医で処置方針を聞いてみる。
などなど考えられます。
稲澤 陽三先生からの回答
3
長崎県

稲澤 陽三

稲澤歯科医院
確かに悩みますね。
骨が薄い場合はインプラントの対象ではありません。
しかし骨を移植したり、骨補填剤で骨を増やしてインプラントする方法があります。

大切なことは、そこまでしたとしてインプラントの寿命がどうなのかです。
10年あるいは20年持てればいいのか考えてみてください。
たぶん一生はもてないと思います。
インプラントは快適だし前歯を助けますがデメリット、メリットありますので担当医とよくご相談ください。
決断できなければチタン製の金属床の部分入れ歯も選択肢の一つです。
船津 三四郎先生からの回答
4
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
りょらこ 様、初めまして。
インプラントをすべきかどうか、お悩みの事と拝察申し上げます。

実際にりょらこ様の口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、基本的に、インプラントを選択するか総義歯を選択するかは、患者様御本人の御希望で決まります。

ただ大事な事は、上顎の歯が、何故喪失してしまったか、その原因が大事です。
もし、歯周病で奥歯を失ってしまったのであれば、インプラント実施前に徹底的な歯周病のコントロールが必要です。
コントロールが出来ていないと、インプラント歯周病で抜けてしまう事が多々有ります。

更に、歯ぎしりや噛み締め癖がありますと、歯周病を増悪させます。
勿論インプラントにとっても悪影響があります。

また、骨移植には、膝蓋骨のほかに、腸骨、下顎枝、上顎結節等も使われます。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する