メール相談:根管治療で痛みが治まらない歯をインプラントにする時期について | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 根管治療で痛みが治まらない歯をインプラントにする時期について カテゴリ インプラント
相談者 T様 年齢 42歳 性別 女性
10年ほど前に神経を抜いてかぶせてあった下の奥歯が夏頃から硬いものを噛むと響いて噛めなくなりました。
しばらくすると何もしていなくてもズキズキと痛くなってきました。
(痛みは薬を飲まなくても大丈夫なくらいです。ズキズキと痛くなる前に隣の親知らずを抜いています)

根管治療をすることになり2回目の治療が終わったのですが、先生は後1、2回治療して痛みが治まらなかったら歯を抜いてインプラントにするしかないとおっしゃっているのですが、インプラントにするのにこんなに早く決断するものなのでしょうか?

ここの相談をみていると数年治療している方もいるようなので、先生は利益のために早くインプラントにしたいのかなぁ〜?と思ってしまいます…

先生方のお考えをお願いします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
単純に根っこの治療といっても、歯質がたくさん残っており、歯周病の心配がなく、分岐部病変もない状態のものから、根っこだけが残っており、ふちが歯肉よりも下のほうに入っているもの、根管治療を行って歯質の壁が薄くなっているもの、根管が強く曲がっているもの、など状況によりけりで判断は大きく変わってきます。

特に今回のように親知らずの隣の歯ということでその状況はかなり悪いことも想像できます。

一概には言えませんが、根っこの治療で長引かせるよりもインプラントにしたほうがすっきりとしっかり噛めたという方もおられることは事実です。
今回の先生がどうかはわかりませんが、不安であれば数か所で見てもらうということも選択肢だと思います。
船津 三四郎先生からの回答
2
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
T 様、初めまして。
下顎の臼歯部の疼痛でお困りの事と拝察申し上げます。

抜髄(神経を抜いた歯)した臼歯部が何年か後に、疼痛が発現する原因には、以下の様な事が考えられます。
1.歯根尖部病変による疼痛
 歯根のう胞
 歯根肉芽腫
 歯根尖部膿瘍 等
2.歯周病由来の疼痛
3.歯根破折による疼痛
4.歯冠周囲炎(親知らずが代表的)による疼痛
5.咬み合わせ由来の疼痛
6.歯ぎしり、噛み締め癖、TCH等による疼痛

6が原因で、歯根破折を生じる事が時にあります。
歯根破折の場合は、抜歯に至る事が多いです。

> インプラントにするのにこんなに早く決断するものなのでしょうか?

これは、実際にT様の口腔内を拝見致しておりませんので、コメントが難しいところです。


T様の歯の状態を、担当医に詳しく御説明を受けられて下さいね。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
インプラントも間違いではありません。

あくまで私見ですが、自分の歯に勝るものはないと考えている一人ですので、一度歯内療法専門の先生に診ていただいてからの判断がいいと思います。
お近くにいると思います。
日本歯内療法学会のHPを見てください。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する