メール相談:犬歯が真横に埋まり歯並びに隙間がある。治療方法はありますか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 犬歯が真横に埋まり歯並びに隙間がある。治療方法はありますか? カテゴリ 矯正
相談者 ライオン様 年齢 39歳 性別 女性
犬歯が真横に埋まっている。

乳歯がのこっていて抜歯したけれど、犬歯の隙間が狭すぎてブリッジ出来ないと言われ、出来るだけ出せるようにと歯を支える骨を削ったりしてから15年以上。
隙間は、開いたまま。
思い切り笑う事も出来ない年月を過ごしています。

今更、なんとかなる方法はありますか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
要はすきっ歯であるということですね。

基本的には埋伏している犬歯抜歯して、その間を矯正で隙間をあけてインプラント犬歯を入れるか、隙間を矯正で閉じるかというのが素直な回答だと思います。
矯正での保険外の費用などのデメリット、インプラントの外科的なデメリット、などはあると思いますが一番理想的に治そうと考えると基本的には上記に書いたようになります。)

最終的にどこに妥協点を持ってくるかということだと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
可能性はゼロではありません。
ただ、矯正と外科的な処置が必須になります。
また期間は2年以上の覚悟が必要です。

これがクリアできるのであれば、矯正専門医と口腔外科のタイアップで可能です。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
ライオン 様、初めまして。
埋伏犬歯部の隙間が気になる事と拝察申し上げます。

犬歯埋伏歯は結構な頻度で発生しております。
私も今までに何十例も引っ張り出して、所定の位置に犬歯を並べてきております。
ライオン 様の埋伏犬歯が、牽引、誘導可能かどうか精査して頂く事をお勧め致します。
もし牽引誘導が可能であれば、ブリッジよりはメリットが大です。
矯正歯科で1度診て頂く事をお勧め致します。

一口に矯正歯科といっても、その実態は様々ですので、矯正歯科を選ぶ1つの選択肢としまして、下記の基準を御紹介致します。

1.日本成人矯正歯科学会認定医
2.日本矯正歯科学会認定医
3.日本臨床矯正歯科医会会員
4.自立支援法(育成・更生医療)指定医療機関

1〜4のどれかを標榜している医療機関は、一定水準以上の技術レベルの施設です。

ホームページ等で調べる事が出来ます。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する