メール相談:インプラント治療中の二次手術とセカンドオピニオンについて。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラント治療中の二次手術とセカンドオピニオンについて。 カテゴリ インプラント
相談者 なし様 年齢 64歳 性別 女性
現在インプラント治療中です。
ここで、2次手術が必要との事です
(事前に骨が足りないのでそうなるかもとは、聞いていました)

セカンドオピニオン的な意見を求めたいのですが、治療中でも、可能でしょうか?
酒井 信先生からの回答
1
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
なし 様

なし様が、2次手術と呼んでいる手術のことですが、元々2回法といわれる、骨の中に埋め込む部分と、歯肉を貫通する被せ物の土台となる部分が、別々のものの場合は、一般的に麻酔をする手術が2回ありますので予定されていたものとなります。
この場合は、事前に説明があったと思いますが。

だだ、担当の先生が、おっしゃる2次手術なるものが、ひょっとしたら、最終的な被せ物をした場合に歯茎の形態が悪かったり、ふくらみが足りなかったり審美的なものの改善のためだったり、あるいは長期的に口の中で安定するために必要な歯周組織の環境の改善のための処置の場合もあります。

治療中でも可能ですので、担当の先生によくお伺いしてください。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
可能だと思います。

二次手術ですので、骨のボリュームが足りないと思われます。
安全性を求めるのであれば骨を作る必要性があるやに思います。
河原 雅朗先生からの回答
3
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
骨を作ることというのはいまぎりぎり何とかなると判断したとしても、より安定、より長い間インプラントを持たせるために必要と考えての判断だとすると、いまは過剰な治療のように見えるけれども結果的に良かったというような場合もあります。
それをほかの先生がぎりぎり何とかうちではできますよ、という話をされて、そちらに乗り換えて、もし5年くらいで結果が悪くなったらどう思うでしょう?

セカンドオピニオンを求めるのはご自由だと思いますが、その結果いまの主治医の方針と違っていたとしても現在進行形の契約に関しては全くの白紙にはならないと思いますし、いまの先生とじっくりと納得できるまで話し合われたほうが建設的だと思います。
船津 三四郎先生からの回答
4
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
なし 様、初めまして。
インプラントの治療中で、ご不安の事と拝察申し上げます。

文面のみでは、情報量が少なく、判断が難しいところです。

一般的に1次手術とは、骨の中にフィクスチャーと呼ばれるチタン製のインプラント体を埋め込む手術を指します。

2次手術とは、1次手術で埋め込んだフィクスチャーアバットメントと呼ばれる土台を結合する手術を指します。

1次手術と2次手術で、インプラントの手術が完了致します。

なし様が、書かれている2次手術とは、別の物と推測されます。
骨が不足している場合は、1次手術と同時に骨移植等を併用します。

インプラントは、数十種類ありますので、もしセカンドオピニオンを求める場合は、なし様の口腔内に植立されているインプラントと同じ物を使われている歯科医院でないと、難しいかもしれません。

今後の見通しにつきまして、担当医とよく御相談されて下さい。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する