メール相談:インプラント同士の連結のメリット・デメリットについて教えて。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラント同士の連結のメリット・デメリットについて教えて。 カテゴリ インプラント
相談者 コウスケ様 年齢 58歳 性別 男性
上の前歯8本のインプラントのかぶせの連結について、現在5本インプラントの一次手術が終わった段階です。
かぶせは8本連結だと言われています。

8本インプラントどうしの連結は通常のことでしょうか?

連結を二つに分けるのは無理なことでしょうか?
メリット・デメリットについて教えてください。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
インプラントは骨に結合して全く動かなくなります。
そのためインプラント同士は連結してお互いにかかる力を全体で分散して咬合力を負担する方が良いとされているのが今のインプラントの考え方です。
なので8本でもなるべくひと固まりの連結で行うというほうが今の主流の考え方になります。
ただ、少数派として連結はせずに単冠、もしくは少数歯での補綴を基本と考える先生もおられます。

インプラントはまだまだ新しい技術です。
長期的な経過、たとえば30年の経過でどちらがどの程度ずぐれているというような統計がまだ出ていません。
インプラントが一般化してまだ十数年なので当たり前です。)
メリット、デメリットというのが今の時点では技工操作とか、考え方とかといった概念的なものなのでそのドクターの信じる方を行っているというのが現状だと思います。
今井 正人先生からの回答
2
広島県

今井 正人

いまい歯科医院
コウスケ様
歯のお悩み相談メール、ありがとうございます。

インプラントの連結についてですが、8本連結は一般的だと思います。
長くすることで、補綴物(かぶせ)が顎の弧に沿って曲線になり、前後の動きに対して強くなります。4本だと、ほぼ直線になります。

わたしも連結の方が良いと思います。
吉田 正先生からの回答
3
三重県

吉田 正

スバル歯科医院
インプラントの位置関係がわからないので、的確な判断はできませんが前歯だけでしたら、5本で十分です。
8本も必要ないと思います。

口腔内の状況がわからないので、なんともいえません。
渡辺 英弥先生からの回答
4
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
一般的には、強度等を考えて連結する事の方が多いと思います。

単独が理想ではありますが、天然の歯と違いますので、噛み合わせなどの点からかと、考えます。
船津 三四郎先生からの回答
5
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
コウスケ 様、初めまして。
インプラントの連結で御疑問の事と拝察申し上げます。

実際にコウスケ様の口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、一般的に多数歯に渡るインプラントは、連結に設計する事は通常です。
天然歯が多数残っており、患者様固有の咬み合わせが確立している場合は、単独植立でも大丈夫ですが、コウスケ様のような事例は、多数歯が欠損していますので、本来の固有の咬合が崩れている可能性が多々あります。

連結を2つに分ける事は、物理的には可能ですが、
1.顎の骨の状態(厚み、深さ、骨質、歯周病の有無、喫煙の有無等など)
2.咬合状態
3.口腔習癖(舌癖、歯ぎしり、噛み締め癖)
4.態癖
5.骨格状態(ドリコ、ブレーキー等)
等の諸々のファクターを検討して、全部連結にするか、2つにするか、3つにするかを決めます。
恐らく全部連結にしなければならない状況がコウスケ様の口腔にあるものと思われます。

お大事にどうぞ。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する