メール相談:15歳の子供、ひどい虫歯で前歯6本を差し歯にするよう言われた | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 15歳の子供、ひどい虫歯で前歯6本を差し歯にするよう言われた カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 ヒロママ様 年齢 24歳 性別 男性
昨日、朝起きたら右の犬歯が少し残し欠けていました。
慌てて日曜診療の歯医者さんに行きレントゲンを撮ったところ、神経がなく奥にが溜まっている状態で、さらに左の犬歯とその隣もやはり同じ状態で、またさらに前歯2本とその隣もひどい虫歯なので、前歯6本すべて差し歯にしないと大変なことになる、と言われました。

15歳で野球もやっています。
差し歯にしないと本当にダメなのでしょうか?
神経がないのは両犬歯と左の前から二番目の歯です。
今年春から夏にかけ虫歯治療はしていましたが、途中で行かなくなってしまっていました。
そこの歯医者さんにはまだ相談はしていません。
良きアドバイスお願いします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
まず最初に、15歳で虫歯がそれだけ多いということの原因を根本から考える必要があります。
前歯が生えてから、歯が全部生えてから、まだ数年です。
それで神経が死んでしまうほどの虫歯ということは、相当な虫歯になりやすい口腔内環境、酸性にお口の中が傾いているということがいえると思います。
野球をやっているということですが、スポーツドリンクなどを飲みながらやっていませんか?
歯磨きの習慣はどうですか?
とにかく口腔内の環境が変わることが第一です。
そこをそのままにして処置をするということになると、詰めるだけではすぐに再度虫歯になると思われるので、被せたほうがまだ歯が長持ちすると今の先生は考えたのかもしれません。

神経を取ったからと言って、必ずしも被せないといけないということはありませんが、残っている歯の状態によっては被せるしかないこともあります。
虫歯治療はおそらく相当な期間がかかると思います。
もちろん歯医者任せにだけしていて治るものではありません。
セルフケアがとても重要なのが虫歯治療です。
できるだけ歯を削りたくない、被せたくないと思うのであれば、そういう対応をしてくれる先生を探すという努力も必要ですし、根気強く治療に通うこともとても重要です。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
差し歯にするかどうかですが、虫歯の度合いによると考えます。
欠け方が大きい場合、やむなく差し歯もあると思いますが、可能であれば差し歯は最終手段のような気もします。
白いプラスチックですむようであればその手段を優先すべきかと考えます。
後はメインテナンスと、マウスガードを練習時に装着してお口を守ることが重要かと思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
ヒロママ 様、初めまして。
お子様の前歯の虫歯でお悩みの事と拝察申し上げます。

実際に口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、文面より推測致しまして、多数歯にわたる虫歯があるようですので、まず、が溜った歯の根の治療等を早急に治療した方がよろしいですよ。

差し歯になるかどうかは、ネットの掲示板では、判断が難しいところです。
ご不安な時は、セカンドオピニオンで、他医の診断を受けられる事も選択肢の1つです。

野球も大事でしょうが、一生使う歯です。
可及的速やかに治療されないと抜歯になってしまう事もありますよ。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する