メール相談:歯根の吸収を抑えることはできないのでしょうか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 歯根の吸収を抑えることはできないのでしょうか? カテゴリ その他
相談者 スニフ様 年齢 33歳 性別 女性
子供の頃、永久歯が一度抜けたことが原因で、いずれ差し歯も出来なくなると言われております。
現代ではもう無理な事なのでしょうか。当方女性です。

10歳の頃、鉄棒にぶつかった事で右の前歯が根元から抜けてしまいました。
なんとか歯を見つけ市立病院でくっつけてもらい10代は何事もなく過ごせておりました。
22歳(平成23年)の頃、スマホを歯にぶつけてから痛みが出始め歯医者さんに診てもらったところ根が吸収し始めていることが分かり、根の治療を続けました。
28歳(平成29年)、根の治療を終え、数週間仮歯に。
その後元の歯を削り柱にして上から本歯を被せました。
30歳(令和元年)検診で問題無し。

32歳(令和3年)現在。
1週間前から唇を押さえると根本(歯茎)が痛い状態になり受診。
レントゲンを撮り令和元年のものと比べると根の吸収スピードが上がっていました。
痛みは何か衝撃を与えたか、疲れ・ストレスからくるもの、3日分の抗生物質を処方されました。
痛いのは表の歯茎のみ。
裏から抑えると痛みはないので裏側は骨が成長できているが、表側はやはり10歳の頃で成長が止まり今ある歯を異物と体が判断しているようです。

このままのスピードで根が吸収されると3.5年後には無くなり差し歯も出来なくなると言われかなりショックを受けています。
吸収が止まりこのままかもしれないし分からないとも言われていますが、やはりショックで涙が出ました。

いつか歯が無くなることを怯えて過ごすしかないのか。
他に方法は無いのかと思っているのですが、現在ある方法ではもう無理なのでしょうか。
文章が長くなり申し訳ありません。
何かアドバイス頂けたら嬉しいです。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
現在の医学では根っこの吸収は止めることが出来ません。
20年前の状態で抜けてしまったらブリッジ一択であったものが、今ならインプラントも出来るようになってきており、現状では一番運がよかったのではと思います。
池村 光代先生からの回答
2
東京都

池村 光代

京橋歯科医院
外傷により歯にダメージを負ってしまったのですね。
長く持ったのではないかなと個人的には思います。
問題のある歯を残していても良いことはありませんので、抜いてブリッジインプラント、入れ歯をご検討されると良いでしょう。
主治医にそれぞれのメリット、デメリットをよくお聞きになりご判断されると良いでしょう。
お大事にしてください。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
永久歯ですが、一度抜けたものは時間が経過した場合、元には戻せません。
無理やり戻しても異物となり100パーセント脱落です。
この場合、インプラントブリッジ義歯の選択になってしまいます。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する