メール相談:セラミックが欠けた場合、自分の歯も削らなければいけない? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル セラミックが欠けた場合、自分の歯も削らなければいけない? カテゴリ セラミック
相談者 タロウ様 年齢 40歳 性別 男性
8ヶ月ほど前にセラミック(セレック)の%5クラウンを奥歯に入れました。
残念ながら、別の医院で検診を受けた際に、
クラウンの下の方、歯茎%%付近のセラミックの端が欠けているのを見つけました。
%%虫歯%%になるのを防ぐため、外して新しく作ったものをはめる必要があります。
お伺いしたいのは、セラミックを外す際に壊す必要があると思いますが、その際に今ある自分の歯も削らなければならないのでしょうか?
削る場合はどの程度削るのが一般的でしょうか?
1mm又はそれ以下等ざっくりした指標が持てますと有難いです。
(%%クラウン%%という表現が正しく私のセラミックのサイズを表しているかわかりません。%%アンレーという方が適切かもしれません。)

なぜこの様な心配をしているかと申しますと、治療を受けた医院の技術に不安がある事と、
クラウン%%を入れて1年未満なのでその医院であれば、保証で金銭的な負担がかからない可能性があるためです。
技術的な不安の背景としては、セラミックの%%クラウン(アンレー)を3箇所入れてもらったのですが、その際にレントゲンを撮りませんでした。
今思うと
レントゲン%%なしに正しい治療ができたのか疑問が残ります。
また3箇所共に余分な接着剤が歯の側面、セラミックでない部分に大きく付着した状態でした。
それらが帰宅後に舌に当たることに気づき、その都度自分で申告してきれいにしていただく必要がありました。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
セラミックのヘリが欠けてしまったんですね。
どういう状況かはっきり把握することが困難なので正確に言えるかどうかはわかりませんが、セラミックは薄いと欠けやすいという性質があるため、一回欠けたということはその部分に関してはもう少し厚みを持たせるようにしっかり削ると思います。
クラウンの厚みは1.2mmから1.5mmくらいとされています。
その分の厚みは削るでしょう。

セメントの取り残しがあったりということで、あまりきっちりとした先生ではないかもしれませんね。
池村 光代先生からの回答
2
東京都

池村 光代

京橋歯科医院
単純に外すだけであればセラミックだけを削って壊すので歯はほとんど削らないと思います。1mm以下でしょう。
ただ、どのような歯の状態なのかわからないので作り直す時に削って形を変えるということはあるかもしれません。
クラウンなのかアンレーなのかですが、周囲を全て覆うものはクラウン、つめものはインレーアンレーです。
アンレーでは問題が出るということですとクラウンにすることは可能性としてあります。
自由診療ですのでリスク回避の為にレントゲンを撮影したほうが良いとは思いますが、主治医は必要ないと判断したのでしょう。
保証があるというメリットと、治療に対する不安というデメリットをどのようにお考えになるか悩ましいところですね。
お大事になさってください。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する