メール相談:虫歯治療で説明も無く銀の詰め物を入れられたことに不信感。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 虫歯治療で説明も無く銀の詰め物を入れられたことに不信感。 カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 れい様 年齢 23歳 性別 女性
先日、昔入れた詰め物を外し新しいものを入れる治療をしました。
3回の通院で毎回違うものを詰められ、最後の治療後、金属だから熱でしみると思うという説明を受けました。

その数日後から痛みが出てきて市販の痛み止めを飲みましたが効きません。
また、痛みが気になり鏡で見たところ銀色で驚きました。
詰め物の素材については治療前に説明を受けた覚えはなく、色についても白ではないことを伝えてもらえなかったことに不信感を抱いています。
他の歯の痛みのない虫歯親知らずの治療が続くと言われていますが、同じ歯科を利用したくありません。
治療を行った歯は痛みが続いているのですが、他の歯科で診てもらっても大丈夫でしょうか。
また詰め物を変えることは可能でしょうか。
今回利用した歯科に何か伝えて対応してもらう必要はありますか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
保険証を出してむし歯治療をお願いします、と言われれば、その先生の考える方法での歯科治療をお願いします、ということを言っているのと同じなので、普通のむし歯治療をしている歯科医院側には問題はないと思います。

治療方法については歯科医師に裁量権があるので説明をしてほしいのであれば、もしくは白いものが望みであればそのことをしっかりと歯科医師に伝える必要があります。
その上で、その歯科医院が嫌なのであればほかに変わればいいと思います。
特に言う必要はありません。
ただ予約をしているならキャンセルを早めにしておいてくださいね。

痛みが出たことについてはその原因はわかりませんが、深いところととって埋めて痛みが出ないことを確認して、そのうえで型取りをして、金属を詰めるという極めて丁寧な処置を行っているというように感じられます。
あらかじめ色など説明がなかったとのことですが、金属で、と言われているので、金属の色だとわかると思うのですが、、、。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
他の歯科医院で、可能なご自身の希望の治療をしてもらいましょう。
酒井 信先生からの回答
3
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
詰め物の材料としては、歯に近い色のプラスチック製のものと、銀色の金属製のものがあります。
最後の治療の時に金属だから装着後しみるとの説明で、先生は詰め物の説明は済んだと思われたのでしょう。

深い虫歯の場合は、金属の時は熱が伝わりやすいので、装着後暫く冷温水の刺激で辛い時期があるかもしれません。
歯髄炎になっていなければ徐々に落ち着いてくるものですが、あまりに深く刺激が強い場合など、歯髄炎に移行する時もあります。

現在の歯科医院に通うことがためらわれる時は、他院への転院は可能です。
その場合でも、現在の歯科で特に対応して頂くことはありません。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する