メール相談:土台の削り残しが伸びてきてセラミックにへばりついています。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 土台の削り残しが伸びてきてセラミックにへばりついています。 カテゴリ セラミック
相談者 はっちゃん様 年齢 64歳 性別 男性
セラミックで歯の被せ物をしました。
そのとき土台の削り方が悪く、土台の周りに削り残しがあり、そのままセラミックを被せてしまいました。
その結果、削り残しの歯が伸びてきて、薄いカミソリのようにセラミックの歯にへばりついています。
それが歯茎とあたり、痛くなります。
そのことを歯科医師に説明しても、考えられないと一蹴されます。
薄くて透明なので肉眼では見えないからなのでしょうが、歯間ブラシでさわると間違いなく薄い膜のような削り残しが伸びてきているのがわかります。
いったい、これは、何なのでしょうか。
また、直すにはどうしたらいいのでしょうか。
教えてください。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
いったい何なのかは見てみないと判断できません。
薄いものであれ何であれ、削り残しという事ですが、接着剤で付けるわけですからその接着剤が剥がれて薄くへばりついているというほうが、つじつまが合うような気がします。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
かぶせ物と合うように磨いてなだらかにすることは可能でしょうか。
酒井 信先生からの回答
3
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
削り残しがあったとして、それは歯にくっついている部分ですので、単独にその部分だけ伸びてくるということは考えにくいです。
合着用セメントの取り残しということは無いでしょうか。
よく確認して頂いて、その部分を取り除いてもらって下さい。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する