メール相談:詰め物を入れた時、反対側の歯を削っても大丈夫なのでしょうか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 詰め物を入れた時、反対側の歯を削っても大丈夫なのでしょうか? カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 はな様 年齢 25歳 性別 女性
銀歯を入れた時も、セレックを入れた時も反対側の歯を削られました。
インレーを削るのではなく反対側の歯も削って大丈夫なのでしょうか。
不安です。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
詰め物被せ物をしたときに反対側の歯で調整をしたんですね。
時と場合によってはそのほうがいいこともあります。
特に反対側が出っ張りの場合、そちらを削ったほうが削る量が少なく済むという利点、もともと咬み合わせの平面から飛び出している、インレーセラミックなどの厚みが取りにくい、削るとそちらの方がしみるなど問題が出そうなど、色々なことが考えられます。
酒井 信先生からの回答
2
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
反対側の歯を削らなくて済めばそれに越したことは無いですが、齲蝕を放置していたために噛み合わせが微妙に変わっている場合もあります。
スムースな顎の運動を阻害するような形になっている時など反対の顎の歯を削る場合もありますが、エナメル質の範囲内での削合ならば、痛みもないでしょうし問題もほとんどないと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
本来であれば人工物を最初に削ることが第一選択肢かと思います。
場合によりけりかと思いますが。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する