メール相談:テレスコープ義歯について教えてください。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル テレスコープ義歯について教えてください。 カテゴリ 義歯
相談者 ミンミンゼミ様 年齢 45歳 性別 女性
いつも大変お世話になっております。
現在治療したセラミックの前歯一本が取れたら次はインプラントブリッジになると言われています。
インプラントは下の歯より上の歯は手術が難しいと聞きますし、合わず痛みが発生した場合、取り外す作業も大変困難と聞いてインプラントにはしたくないなと現時点では思っています。
ブリッジは健康な歯二本を傷め、抜歯に繋がるリスクが高いと聞いてブリッジもしたくないと思っています。
そこで、テレスコープ義歯という入れ歯を知りました。
こちらは、ブリッジ同様健康な歯を削り内冠という物を被せるそうですが、やはりブリッジのように健康な歯を傷めてしまうのでしょうか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
コーヌステレスコープシステムについてですね。
ブリッジ同様、内冠外冠を作るために十分削る必要があります。
ブリッジ以上に削る必要があると思います。

> インプラントは下の歯より上の歯は手術が難しいと聞きますし、合わず痛みが発生した場合、取り外す作業も大変困難と聞いてインプラントにはしたくないなと現時点では思っています。

そう思わてれるなら否定はしませんが、上顎のインプラントが難しいのは審美性の面であったりということが一番です。
インプラントのネガティブな面の情報ばかりが入っているようです。
ブリッジにするにしても歯を削るのでしみてきたり歪みがあるため神経を取ることになって歯の寿命が短くなるというようなデメリットの面もありますし、コーヌステレスコープなら審美性、痛みなどが全く考えられないのかというとそういうわけでもありません。
ブリッジ同様歯を削ることによってしみたり痛んだりして神経をとる必要が出てくる可能性も十分考えられます。
インプラントで痛みが出る可能性よりも高いと思います。)

もちろんコーヌスのメリットもあります。(でもデメリットもあります。)
ブリッジのメリットもあります。(でもデメリットもあります。)
でもインプラントにもメリットはあります。(でもデメリットもあります。)
もう少しよく研究してから決めたほうが良いような気がします。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
基本、神経を抜くことになると思いますので、よく考えられた方がいいと思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
抜歯後の治療方法で、お悩みの事と拝察申し上げます。
一般的に抜歯後の治療方法には、以下の方法があります。

1.部分義歯(取り外し式の義歯)
殆ど全てのケース適用出来ます。(健康保険適用)

2.ブリッジ
欠点:前後の歯を削らなければならない。健康保険適用。

3.自家歯牙移植
自分の歯を抜いて、根面処理を行い、再び骨に戻し固定する方法。
適用がかなり限られます。

4.インプラント
健康保険外。

テレスコープ義歯は、義歯とブリッジの中間の様な位置づけですが、内冠を被せる歯をかなり削ることになります。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する