メール相談:インプラント治療後に歯性上顎洞炎がわかった。再発の可能性は? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラント治療後に歯性上顎洞炎がわかった。再発の可能性は? カテゴリ インプラント
相談者 かな様 年齢 32歳 性別 女性
度々質問失礼します。
抜歯即時インプラント治療後に、半年間痛みが残り原因が歯性上顎洞炎だとわかりました。
歯茎を切開してと人工骨を取り出しました。
インプラントも撤去しようとしましたが、自分の骨とくっついていた為取れませんでした。
傷口はまだ痛みます。
この歯性上顎洞炎はまた再発する可能性はあるのでしょうか?
また今回、牛骨が原因だと言われましたが、抜歯即時した時に炎症していたがうまく取り除けてなかったのだと思ってます。
インプラントを入れたのにとてもショックです。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
上顎洞炎の再発の可能性についてですね。
歯が原因であったとしても上顎洞の自然孔という穴がしっかり開いており、細菌を外に出す力が強ければ再発しませんし、元々自然孔が閉じやすく、感染しやすい状態なら再発する可能性も高くなると思います。
病気、細菌感染というのは細菌の強さと、体の免疫力の戦いなので、そのどちらが強いかということが一番大切です。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
可能性としては、あると思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する