メール相談:見た目が白く痛みがない虫歯でも神経の治療が必要な場合はある? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 見た目が白く痛みがない虫歯でも神経の治療が必要な場合はある? カテゴリ 虫歯
相談者 Katsuo様 年齢 48歳 性別 男性
奥歯の詰め物が取れてしまったのを修復してもらうために歯科医院に通院しているのですが、いまいち疑問に思っていることがありメールしました。
よろしくお願いします。

以前虫歯治療をしてもらった奥歯の詰め物が取れてしまい、歯科医院に行ったところ、取れてしまった奥歯の他に、隣接する前後の奥歯も虫歯で、特に前の歯は神経治療が必要だという説明を受けました。
目視の外見上は白く、外見上問題なさそうで、担当医がそれぞれの歯をコンコンと叩いても響くような痛みも感じません。
前の歯については、レントゲンも撮られているのですが、うっすらと影みたいになっているように見える部分が虫歯だと説明を受けました。
詰め物の取れた真ん中の歯については、いかにも虫歯でこれは神経治療だと言われてもしょうがない様なありさまだったのに、こちらは神経治療をしませんでした。
それだけに、前後の歯についてはいまいち納得できない自分があります。

お聞きしたいことは次のことです。
一般的に、外見上白く、コンコンと叩いても痛みもないような虫歯で神経治療が必要になるケースが本当にありうるのでしょうか。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
ありうるかどうかということでいうと、ありうると思います。
外見上見た目では何ともないように見えても、歯と歯の間からのむし歯が広がっている可能性は否定はできません。
船津 三四郎先生からの回答
2
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
Katsuo 様、初めまして。
むし歯の進行状態でご疑問の事と拝察申し上げます。

実際に Katsuo 様の口腔内や、レントゲン等を拝見致しておりませんので確定的な事は申し上げられませんが、一般的に、むし歯には2通りのタイプが有ります。

1.慢性のむし歯
進行がゆっくり進み黒褐色のいかにもむし歯らしいタイプ。
小中高校の頃発生した初期むそ歯が10年、15年かかって大きな穴になるタイプです。
  
2.急性のむし歯
極めて急激に進行するむし歯で、むし歯の黒褐色の色が追い付けない程。
脱灰が進む為、白色を呈しています。
数か月で白い深いむし歯になります。

タイプとしては、2.の白いタイプの方が危険度が高いです。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
虫歯が黒いとは限らないと思います。
何とも言えませんが、必要があっての処置かとも思います。
処置に関しては、外見だけで判断ができないということもあります。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する