メール相談:インプラントと噛み合う歯の神経を抜いて削ることを勧められた。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル インプラントと噛み合う歯の神経を抜いて削ることを勧められた。 カテゴリ インプラント
相談者 なお様 年齢 43歳 性別 女性
左下奥から2本をインプラントにしてます。
型取りをしたあと、上の歯が長いので神経を取って、少し削ることを勧められました。
上の歯は奥から2番目がなく、一番後ろと後ろから3番目でブリッジをしています。
神経を抜くことは大したことではないと言われてますが、私は自分の歯が多くないので健康な歯の2本も神経を取るのは抵抗があります。
インプラント専門のところですが、先生は神経を取るのはそんなに悪いことではないとは言われますが、できれば残したいです。
説明を受け、2週間後に神経を抜くと合意しましたが気になって仕方ありません。
インプラントをちゃんと使うには神経を抜くほうがいいと言われましたが、どうなのでしょうか。
神経を取らず、一度インプラントを作ってもらうほうがいいでしょうか?
とても悩んでます。
噛む力が強いので、インプラントがうまく機能しなければ、上の歯への負担もあるのかな、と心配です。
何か、アドバイスがありましたら、お願いします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
上の歯が出てきてしまっているんですね。
下の歯がない期間が長いと上の歯が出てきてしまいます。
かみ合わせの面、咬合平面と言いますが、出来ればそれは平らに近いほうが理想です。
飛び出したところがあるとそこに余計な力が加わるからです。
神経を取ることはもちろんデメリットです。
ですが歯が出た状態で咬合をさせることもデメリットです。
長期間入れ歯、もしくは歯のない状態を続けていて、その機能回復を図るためには何らかのデメリットを受け入れてもらうしかありません。
削るだけで神経を取らないで済むならそれが一番ですが、程度にもよります。
インプラントは長期間使うものなので、出来れば咬み合わせはしっかりとしておいたほうがいいと思います。
船津 三四郎先生からの回答
2
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
なお 様、初めまして。
インプラント予定歯の、対合歯抜髄をするか否かお悩みの事と拝察申し上げます。

神経を取らないで、上の歯を少し短くする方法が有ります。
圧下」という方法です。
特殊なテクニックを要しますので、どこの歯科でも出来る訳では有りませんが、神経も取らず、歯も削る事無く短く出来ます。
アンカースクリューというネジを埋め込み、そこを固定源として長く伸びた歯を骨の中に押し戻すテクニックです。
熟練した矯正歯科でよく使われる方法です。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
かぶせ物をつけるとき、隙間がない場合は後々外れやすい、壊れやすいなどの状況が考えられます。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する