メール相談:定期検診で歯肉の腫れがあると言われたが改善案の話がないです。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 定期検診で歯肉の腫れがあると言われたが改善案の話がないです。 カテゴリ 歯周病
相談者 まりな様 年齢 31歳 性別 女性
4ヶ月に1回、歯の定期検診に行っています。
歯周ポケットが4センチとか、歯肉の腫れがありますね…などの話はあるのですが、改善案の話は一切ありません。
歯周病です、とはっきり言われたこともありません。
定期検診では、こちらが何か言わないと改善する為の話は始めてもらえないのでしょうか?
歯周病が酷くならないと何も始まらないのでしょうか?
歯ぎしり防止のマウスピースの作成も、こちらから言わないといけないのでしょうか?
説明があってからマウスピースの作成を勧められるという事はないのでしょうか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
治療方針についてですね。
歯周ポケットが4mmの間違いですよね。
4mmくらいならそこまでひどい状態というわけではありません。
麻酔してのSRP、歯周外科などを行うほうが必ずいいというわけでもないと思います。

例えて言うなら少し風邪をひいているけれども、積極的にいろいろな薬を試したいというように考えているということだと思います。
お医者さんからすると安静にして寝ていれば治るだろうと考えている、というように治療方針は考え方で正解というものはありません。

歯周病もブラッシングを丁寧に行うということをしていれば、現状でそこまで悪くならないだろうと考えているのかもしれません。
マウスピースもはめるとその部分の自浄性が悪くなり、むし歯になるリスクが高くなる可能性もあります。
そのため、何が何でもはめるほうが良いというわけでもありません。
ですから、患者さんから何か言われないとその方針については変更されないと思います。
船津 三四郎先生からの回答
2
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
まりな 様、初めまして。
歯周病の状態と対応についてお知りになりたい事と拝察申し上げます。

まず、4か月毎の定期健診に通われている事に対して、賛美と敬意を表します。

1.統計的に定期健診に通っている方とそうでない方の歯の寿命は、明らかに通っている方の方が長持ちします。


2.> 歯周ポケットが4センチとか、歯肉の腫れがありますね…などの話はあるのですが、

4ミリの間違いかと思います。
理想は3ミリ以内ですが、4ミリでも歯茎からの出血などが無ければOKです。


3.> 歯周病です、とはっきり言われたこともありません。

比較的、症状が安定しているか、ごく初期の症状なのかもしれませんね


4.> 歯ぎしり防止のマウスピースの作成も、こちらから言わないといけないのでしょうか?

歯ぎしり、噛み締め癖、TCH、歯の咬耗破折、等の症状が強度の場合は、こちらから対策、対応について説明をする場合が有ります。
症状がごく軽度の場合は、こちらからお話をしない事もよくあります。
気になる自覚症状が有れば、担当医にお申し出て下さいね。

歯科衛生士によるお口の点検を受けている場合は、まず、歯科衛生士に伝えてみて下さいね。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
今の考え方の一つに、現状維持という考え方も根付いてきました。
ご心配であれば歯周病専門のところで診てもらうのもいいと思います。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する