メール相談:銀歯を削った後、歯茎に金属の粉のようなものが埋まっています。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 銀歯を削った後、歯茎に金属の粉のようなものが埋まっています。 カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 はは様 年齢 45歳 性別 女性
銀歯の高さ調整をしてから歯の斜め下の方の歯茎に金属の粉のようなものが埋まっています。
銀歯を装着した後、高さ調整して削ったのでそれが刺さって埋まっているのではないかと思います。
もし銀歯の粉なり、金属の粉なりが入ったままでも大丈夫なんでしょうか?
色々あり転院したく、新しく通う転院先で取ってもらう事は出来ますか?
またその場合の処置はどのような処置になるのでしょうか?
麻酔して切開したりするのでしょうか?
よろしくお願い致します。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
金属の粉が入ってしまうことはあります。
基本的には何の問題もありません。
除去ということになると、麻酔をしての除去になります。
大きさにもよりますが、粉状でたくさんということになると難しいかもしれません。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
現状は問題ないかと思います。
酒井 信先生からの回答
3
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
高さ調整した時の削り粉が歯肉に刺さって取れなくなるということはほぼないと思います。
その時に付いたものならば次第に流れてしまうでしょう。

但し、金属の土台をいれて、歯肉の下まで覆わなければいけないケースでは、被せるために歯を削った時に歯肉に傷がつくのですがその際、金属の削りかすが歯肉に入り込むことはあります。
そうなると歯肉が黒ずんでしまうことは時として経験します。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する