メール相談:犬歯の被せ物はどのようにするのでしょうか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 犬歯の被せ物はどのようにするのでしょうか? カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 コウイン様 年齢 51歳 性別 男性
前歯の左上の歯茎フィステルができました。
犬歯に大きな詰め物をした経緯があり、そこではないかと思い歯医者に伺いましたが、そのとなりの歯に穴を開けられしまい、不信に思い、違う歯医者に伺いきちんとレントゲンを撮った結果、やはり犬歯の根の周りが円状に黒くなっており、まず、そこの治療をしなければならいように説明がありました。
犬歯の場合、どのように被せものをするのでしょうか?

また、となりの削られてしまった歯は、虫歯のない歯なのですが、やはり大きな被せものをする必要があるのでしょうか?
穴をふさぐだけの処置でよいのでしょうか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
犬歯の場合の被せ物は保険ではレジン前装金属冠というものになると思います。
手前の歯に関しては埋めるだけで大丈夫だと思います。
酒井 信先生からの回答
2
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
犬歯も根の治療で開けた穴を樹脂で塞ぐだけで済む場合もあります。
隣の歯も噛み合わせを落としていないならば、とりあえずは穴を塞ぐだけでもよいと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
歯冠があれば詰めるだけでも行けるときがあります。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する