メール相談:手術しないで、歯並びだけを矯正で治せますか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 手術しないで、歯並びだけを矯正で治せますか? カテゴリ 矯正
相談者 -- 年齢 -- 性別 --
受け口で、開咬で上の歯の中心と下の歯の中心がずれています。

相談した矯正歯科で骨格的に問題があると言われ、外科手術を受ける治療を勧められました。麻痺などの後遺症のことを考えると怖いので手術は受けたくないです。

正面や横顔からは受け口のようには見えないので、手術を受けないで歯並びだけを矯正で治したいのですが、可能でしょうか?
回答
受け口開咬を併発している場合、歯列矯正治療の難易度としてはかなり難しい部類です。

骨格的な要因が強いと判断される場合は、外科的な手術を併用するのが基本的ですが、治療テクニックの工夫、歯列矯正インプラントの使用などにより手術を回避できる可能性はあると思います。

骨格的な要因が強い場合、歯の移動だけで治療するには、結果的に歯に対する負担が強くなります。特に、開咬がある場合は、最終的に上下前歯挺出(歯が伸びること)によって前歯を咬ませる部分が強くなります。そのため、上下前歯が伸びたように見える、歯肉の退縮を起こすなどのリスクを伴います。

手術で麻痺を伴うリスクがあるのと同様です。歯列矯正治療は魔法の治療ではありません。出来ること、出来ないことの限界が必ず存在します。手術を回避して治療可能であった場合でも、治療期間が通常に比べて長くなる、治療結果が望ましいものではない等のリスクは常に存在します。

基本的に考えられているよりも、問題は複雑で単純に歯列矯正治療だけで簡単に治療はできないということが明確です。歯列矯正治療単独で治療できると判断される矯正歯科があれば、同様な症例の治療経験に基づいての判断ですから治療結果等を必ず参照されることをお勧めいたします。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する