歯科医院検索なら「歯のねっと」

第2回講座 歯磨きしましょう Ⅰ

1.歯磨きは何のためにするの?
 
「もちろん 歯を守るためです!」
歯肉(歯ぐき)の炎症 
左の写真は、ある患者さんの初診時の上顎内側です。
口の中が全体的に汚れ、黄印の部分は、特に歯と歯茎の間に歯垢プラーク)がたまっています。
の部分は、歯茎に炎症(赤い腫れ)があります。
印の部分は、歯磨き残しがあり、う蝕虫歯)が始まっています。


歯肉(歯ぐき)の炎症が治まりました。 左の写真は、同じ患者さんの4ヶ月後の写真です。フッ素を使用した歯茎で、歯垢プラーク)も上手に取れています。
歯茎の炎症(赤い腫れ)も無くなりました。
とても気持ちの良い歯茎となり、う蝕虫歯)になりかけていた部分も再石灰化がおこりかけています。


2.歯を守るには
歯垢(プラーク)の写真 
左の写真は、毎日、歯磨きをしている人の歯磨き結果です。毎日、歯ブラシで歯を磨いても、‘我流’では、このように磨き残しが多く見られます。歯の面に赤く染まって見えるのが、歯垢プラーク)と言われる磨けてない細菌のかたまりです。
歯磨きの目的は、下記の通りです。
 ①食べカスを残さない。
 ②細菌のかたまりを取り除く。
 ③歯茎のマッサージをする。


3.虫歯の原因(ストレプトコッカスミュータンス
虫歯の原因(ストレプトコッカスミュータンス) 左の写真は、ストレプトコッカスミュータンスと言う細菌です。う蝕虫歯)を起こす原因の1つと言われています。
写真は、顕微鏡で約800倍に拡大しています。


ストレプトコッカスミュータンス 寒天に栄養素を混ぜて、ストレプトコッカスミュータンスを培養したものです。気泡のようなコロニー(集落)が肉眼で確認できます。
この気泡がデキストランと言われるベタベタの糖で、この糖のために他の細菌を菌の表面に集めてきます。


4.お口の中の細菌
位相差顕微鏡で見たお口の中の細菌 
口の中の細菌を位相差顕微鏡で見たものです。口の中には、500種類以上と言われる種類の微生物がいます。
赤い印は、球菌や小桿菌と言われる細菌の集まりで、動きません。
赤い印の先の小さな点(細菌)は、
鞭毛をもち、固有の運動をします。細菌の大きさは、1μ(ミクロン)ほどです。写真は、約1,000倍の大きさです


5.虫歯歯周病を防ぐ方法は?
  
口の中にいる細菌(常在細菌と言います)が、う蝕虫歯)や歯周病を引き起こします。
歯磨きは、このような細菌を取り除き、歯茎をマッサージして健康にする目的で行います。
そのために、歯と歯の間、歯と歯茎の‘きわ’のところをしっかり磨く必要があります。


 6.歯磨きテスト
 1日の中で、1番歯垢(細菌)の多いときは、いつですか?
 1) 食後
 2) 食前
 3) 寝る前
 4) 起床時
   さて、いつでしょうか?


7.答え
お口の中の細菌が一番多いとき 
細菌の多い順は、
1)起床時 就寝中は、唾液が少なく、口を動かさないため細菌が増殖します。
2)食前 食後から少しずつ細菌が増え始め、食事の前は細菌が多くなります。
3)寝る前 食前と同じように細菌は、増えます。
4)食後 食事をすると、食べたものや自分の筋肉「舌や頬粘膜(ほほ)」で、‘こする’ため、細菌の数は少ないです。


8.歯ブラシはいつしますか?
 
もうお分かり頂けたと思います。
 1)歯磨きは、寝る前にすることが最も大切です。
 2)起床時は、就寝中に増えた細菌を取ってしまいます。
 3)食前に歯磨きをしましょう。食べる前に手を洗うのと同じことです。
 4)食後は、歯磨きができればよいし、できなければ、
        フッ素先行などでよく‘ゆす
いで’、食べカス を取り除いてください。

 

玉置 敬一

2009年12月28日 月曜日 | 10:48 AM - 予防

一覧へ戻る

コラムのトップへ

 

新着歯科医院情報




RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター